ここから本文です

カワサキハロウィン、ダース・ベイダー率いる帝国軍コスプレイヤーを募集

オリコン 9月1日(木)10時0分配信

 神奈川県川崎市で行われ、今年20周年を迎える『カワサキ ハロウィン2016』で、10月30日に「スター・ウォーズパレード」を実施することが9月1日、明らかになった。パレードに向けて、ダース・ベイダーが属する帝国軍が建設中の究極の兵器「デス・スター」建設メンバーをテーマに仮装者を募集する。募集開始は9 月16 日を予定(※変更になる可能性があり。応募方法の詳細含め、ホームページで各自確認)。

『スター・ウォーズ』が参加した昨年の川崎ハロウィンパレードの模様

 「スター・ウォーズパレード」は2年連続。昨年は映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を記念して実施され、キャラクターに仮装した100人が参加した。今年も12月16日に映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を控え、同作に登場する帝国軍で悪の帝王“ダース・ベイダー”にちなんだ仮装でパレードを盛り上げる。

 カワサキ ハロウィン実行委員長猪熊俊夫氏は「昨年は、スター・ウォーズパレードの盛り上がりもあり、史上最大の12万人の方々にお越し頂きました。今年は帝国軍に仮装したコスプレイヤーの皆さんに参加していただけるということで、昨年以上に盛り上がることを期待しております。カワサキ ハロウィン20周年という節目の年を全国のスター・ウォーズファンの皆さまと一緒に迎えられることを大変うれしく思います」と期待のコメントを寄せている。

 『ローグ・ワン』は、「スター・ウォーズの世界には、別の形で語られるべき物語がある」というジョージ・ルーカス氏のアイデアから着想を得た“アナザー・ストーリー”。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』につながっていく物語で、銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器「デス・スター」の設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム「ロ―グ・ワン」メンバーに加わった女性戦士ジンの葛藤と、決死のミッションへの挑戦が描かれる。

最終更新:9月1日(木)10時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。