ここから本文です

がん闘病中の小林麻央、ブログを新設「なりたい自分になろうと決意」

オリコン 9月1日(木)12時14分配信

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)の妻で進行性乳がんを公表しているフリーアナウンサーの小林麻央(34)が9月1日、新たにブログ「KOKORO.」を開設した。

【写真】小林麻央 夫・市川海老蔵との2ショット

 初めての記事は「なりたい自分になる」と題したエントリーで、新たにブログを始めた経緯として、「癌の陰に隠れないで」と先生に励まされたことを明かし、「ブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」と前向きな気持をつづっている。

 きのう8月31日には、海老蔵が「まおのきもち」と題したブログで、麻央が「自分の言葉で伝えるべきことがあるようです」と何らかの発表をすることを明かしていた。

■ブログ全文
「なりたい自分になる」

小林麻央です。
今日から、ブログを書くことにしました。家族はとても、驚いています。

素晴らしい先生との出会いに心を動かされました。
その先生に言われたのです。

「癌の陰に隠れないで」

時間の経過とともに、癌患者というアイデンティティーが私の心や生活を大きく支配してしまっていたことに気がつきました。

元気になったら元の自分や生活に戻れるのだからそれまでは、誰にも知らせず、心配をかけず、見つからず、、、と思ってきました。

乳がんであることが突然公になり、環境はぐるぐる動き出しました。

そこで、これまで以上に病気の陰に隠れようとして心や生活をさらに小さく狭いものにしてしまいました。
これは自分自身のせいです。

私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから子供たちにとって強い母でありたいから
ブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました。

こんな自分勝手な情けない理由でごめんなさい。

でも、一度きりの人生なので、なりたい自分になろうと決意できたことはうれしいです。

癌になってから1年以上が経ち、いつものようには身体が動かなくなった時
元気いっぱいの娘や息子を前に途方に暮れる思いでした。

子供に、「いつも一緒にいられなくてごめんね。何にもしてあげられなくてごめんね。」と胸を痛めてるママがいたら、あなただけでなく、私も同じですと伝えたいです。

今日は、読んで下さりありがとうございます。
■全文以上

 二人は2010年3月に結婚。翌11年7月に長女、13年3月に長男が誕生した。今年6月9日、一部スポーツ紙が小林が進行性がんを患い治療を続けていると報じ、同日に海老蔵が会見で「乳がん」で1年8ヶ月にわたって闘病していると公表した。

 また麻央も同日、2006~10年にサブキャスターを務めた日本テレビ系『NEWS ZERO』に「家族と一緒に生きるために、これからも治療に励んでいきます」とコメントを寄せた。

最終更新:9月1日(木)13時8分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。