ここから本文です

高畑裕太容疑者の父は俳優の大谷亮介 所属事務所が公表

オリコン 9月1日(木)13時4分配信

 これまで一般男性とされていた、8月23日に強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)の実父が、俳優の大谷亮介(62)であるとの一部週刊誌での報道を受け、大谷の所属事務所と裕太容疑者の母で女優の高畑淳子(61)の所属事務所が9月1日、FAXで事実を認めた。

【写真】謝罪会見をした裕太容疑者の母・高畑淳子

 高畑の事務所によると、2人目の夫と別居した後、両親公認の上で大谷と5年半の事実婚関係にあり、裕太容疑者を妊娠したが、諸事情により別れたため入籍はしていなかった。大谷は認知しており、裕太が幼少の頃に大谷の実家を訪れたことや、大谷が裕太の学校行事に参加したことはあったが、大谷が別の女性と結婚してからは親子の交流はなかった。

 大谷の事務所も、結婚を前提として高畑と交流していたが「様々な事情があり、結婚に至りませんでした。その後、お互いそれぞれの人生を歩み始め高畑淳子さん及び高畑裕太さんへの配慮から、親密な交流は控えてまいりました」と説明。裕太容疑者については事実関係を正確に把握していないため言及は控えたが、「ただ、今は、被害者の方のご回復をお祈りするばかりです」とコメントした。

 大谷はテレビ朝日系ドラマ『相棒』の三浦刑事役などで知られるベテラン俳優で、舞台の演出も手がける。

最終更新:9月2日(金)17時58分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。