ここから本文です

アンジャッシュ“世界の渡部”に吉報と誤算、コンビで“ハリウッド”デビュー

オリコン 9月1日(木)12時30分配信

 お笑いコンビ・アンジャッシュが1日、都内で行われたアニメーション映画『コウノトリ大作戦!』公開アフレコイベントに参加した。7月のイベントでピンでの仕事が増えてきたことを嘆いていた渡部建だが、今回は日本語吹き替え版の声優としてコンビそろって仲良く“ハリウッドデビュー”となった。

【写真】コウノトリも登場!アフレコに挑戦したアンジャッシュ

 同作は、有名な言い伝え「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」という寓話をもとに物語が展開。昔のある事件をきっかけに、赤ちゃんのお届けを禁止した「コウノトリ宅配便社」に務める配達員ジュニアが、思わぬ手違いから誕生した人間の赤ちゃんを会社に内緒で人間界へと届けることを決心する。

 ジュニア役の声優を務める渡部は「ついに来ましたね。今まで『世界の渡部』としてやってきていましたけど、初めて本当に世界の仕事が来ましたね」とにんまり。自身が出演する日本テレビ系『行列のできる法律相談所』(毎週日曜 後9:00)内の人気企画を引き合いに出して喜んだ。

 ただし誤算もあったようで「児嶋(一哉)も一緒か…」と嘆くと、告げ口屋のハト・トーディーを演じる児嶋が「いや、いいだろ!バーターかなとも思ってますけど、うれしいですね」と自虐を交えながら語った。

 また、週刊誌で報じられたモデルで女優の佐々木希(28)との交際に関する話題では「何かあったんですか?」との質問に「ネット見ろ!」とおなじみのフレーズでツッコミ。普段であれば、ここで終わるはずが「ネット見たんですけど、結婚ってなっていましたが…」と思わぬ切り返しを受けた渡部は「それはナシよ! 結婚とか全く無いです、勘弁してください…」とすっかりタジタジになっていた。

 同作は、11月3日より公開される。

最終更新:9月1日(木)13時16分

オリコン