ここから本文です

タカトシ、スクープ新番組は過激路線? リオ五輪メダリストに熱視線も

オリコン 9月2日(金)5時0分配信

 お笑いコンビのタカアンドトシが1日、都内で行われた日本テレビ系新バラエティー『採用!フリップNEWS』収録後の囲み取材に出席した。

 同番組は、構成会議というスタイルでゲストたちが独自情報を持ち寄り、フリップで発表していく。日本テレビでは10月6日(毎週木曜 深1:59)から、中京テレビでは4日(毎週火曜 後11:59)からスタート。

 新番組の収録を終え、タカは「本当にネタ次第の番組。ネタが尽きてきた場合は、自分の足で写真とか撮りに行きたいですね。題材から自分たちで取り上げて、一から番組作りをしていきたい」と気合十分。

 今後の展望を問われ、タカは「違うジャンルのフリップニュースも見てみたいですね。リオ五輪のメダリストのフリップニュースとか」と提案。相方・トシも「猫ひろしとかいいかもね。本当に選手村を見てきてるわけだし」と、熱視線を送った。

 「情報優先の番組が多いですけど、これはお笑い寄りの番組。深夜帯なので若い人にも観ていただきたい。過激な下ネタも言ってきたいし、そういうのも笑ってもらえたら」と気炎を上げたタカ。「相方・トシの暴露スクープもある?」と期待の声があがると「いいですね、その案は採用させていただきます」と前向きに語り、不敵にほほえんでいた。

最終更新:9月2日(金)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。