ここから本文です

Leola、福山雅治からのアドバイスに感激 「やり続けることが大事」

オリコン 9月1日(木)14時35分配信

 今年4月にデビューした歌手のLeola(レオラ)が、2ndシングル「Let it fly」を発売。月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)で大物女性シンガー・シェリル役に大抜擢され、女優デビューも果たした。デビュー以降、順調な活動を続けるLeolaが、歌手と女優として活動するなかで自身の活動を通して感じたことや、月9ドラマで共演した福山雅治について語った。

【写真】伸びやかな歌声が印象的なLeolaのライブの様子

◆演技初挑戦が月9ドラマ、不安や責任を感じた

――デビューが決まったときの心境はいかがでしたか?
【Leola】 やっとスタートに立てたと思いました。周りの友達がどんどんキャリアアップしていく中で、自分だけが取り残されていると思うことも。でも、いつかみんなに追いつきたいという気持ちで頑張れましたし、デビューの報告をしたときに家族や友達が喜んでくれたので嬉しかったです。

――デビューしてからのステップアップが凄いですよね! いきなり月9ドラマ『ラヴソング』で女優デビューですから。
【Leola】 月9で福山雅治さんが主演のドラマに演技初挑戦の私が参加するなんてという不安や責任を感じました。実はヒロイン役のオーディションも受けていて、藤原さくらちゃんに決まった時点でいち視聴者として楽しもうという気持ちでした。まさか自分がシンガー役で参加できると思ってなかったので驚きました。

――堂々とカリスマ性のある女性シンガーを演じてらっしゃって素敵でした。
【Leola】 ありがとうございます。ミリオンを出すような大物シンガーを新人の私が演じるなんてプレッシャーでしたけど、自分の中にある新しい引き出しをたくさん開けてシェリルという役を作り上げていきました。

――ちなみに役作りはどんな風に?
【Leola】 お芝居の経験が無かったので、スマホで自分の演技や表情を録画してチェックすることぐらいしか思いつかなくて……。あとは大物シンガーという点では、今活躍中のアーティストの方々を参考にさせて頂きました

◆「作り続けていればきっと良い曲ができる」と福山雅治からアドバイスも

――福山雅治さんに初めてお会いしたときはいかがでしたか?
【Leola】 最初は顔合わせという形でお会いしたんですけど、福山さんが現れた瞬間に“本物だ!”と思いました(笑)。台本の読み合わせをして頂いてる間は緊張して目を見れませんでした。シェリルは福山さん演じる神代広平に失礼な言葉を浴びせたりするんですけど、「とにかくぶつかってきてください。広い心で僕は受け止めますから」と優しく言ってくださって素敵だなと思いました。

――福山さん相手に実際にお芝居をしてみていかがでしたか?
【Leola】 福山さんに向かって「老けた」と言う台詞があったので、撮影後に「すみません」と謝ったら「ほんとに老けたんですよ~」なんて言ってくださって。そうやって現場を和ませてくださったのはありがたかったです。

――音楽の話はしましたか?
【Leola】 打ち上げの時に「とにかく作り続けていればきっと良い曲ができるからやり続けることが大事だと思う」とおっしゃってくださって。素敵なアドバイスを頂きました。

――同じ事務所(LDH)にEXILEやCrystal Kayさんもいらっしゃいますが、先輩方からアドバイスを受けることも?
【Leola】 ドラマ出演が決まった時にたまたま事務所にEXILEのAKIRAさんがいらっしゃったので報告をしたら「大丈夫だよ、頑張って! 楽しんでね」と言ってくださって心強かったです。

――今後も女優のお仕事を続けたいと思いますか?
【Leola】 そうですね、また機会があれば是非チャレンジしたいです。お芝居をやってみて気づいたのは、歌でメッセージを伝えることとお芝居で気持ちを表現することは似てるんじゃないかなと。なのでまた女優業にチャレンジしたい気持ちはありますが、まずは音楽をしっかりと多くの方に届けられたらと思っています。

――新曲の「Let it fly」にはどんな思いが込められていますか?
【Leola】 側にいる大切な人に、いつも側にいるからこそ普段言えない“ありがとう”や“好きという気持ち”を後悔のないように伝えて欲しいというメッセージを込めました。たとえ思いを伝えることができなくても、この曲を聴いた方が毎日を大切にしようと思ってくださったらいいなと思います。

――では最後に今後の目標を教えてください。
【Leola】 Leolaはハワイ語で“太陽の歌声”という意味なので、まずはこの歌声をたくさんの人に届けられるように良い曲を作って色んな所で歌っていきたいです。

(文:奥村百恵)

最終更新:9月1日(木)14時35分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。