ここから本文です

有村架純、秋の4大スタイルを華麗に着こなし 就職活動体験エピソードも

オリコン 9月1日(木)14時36分配信

 女優の有村架純が、9月1日発売の女性ファッション誌『mini』10月号(宝島社)の表紙と巻頭ファッションページに登場。秋のトレンドスタイルの着こなしを披露した。

【表紙カット】白のキャップがキュートな有村架純

 同誌のカバーを何度も飾り、「miniが誇るイット・ガール」と紹介された有村は、色落ちのGジャン×厚手のゆるいスカートという90年代風スタイルや、ロングTシャツ×キャミワンピースなど、まもなくやってくる秋の4大トレンドスタイルのモデルに挑戦。ボーイッシュ、ガーリー、メンズライクなど旬のファッションを華麗に着こなした。

 インタビューでは、10月15日公開の出演映画『何者』の見どころを紹介。就職活動中の学生を演じる役作りとして、実際に就活を体験したエピソードや、同年代の俳優・女優が集まった撮影現場の舞台裏などを振り返っている。

 同号にはそのほか、川口春奈、清水富美加、高橋愛、佐藤栞里、鈴木えみ、紗羅マリー、唐田えりか、中島早貴(℃-ute)、松田翔太、韓国アーティストの防弾少年団などが登場している。

最終更新:9月1日(木)15時14分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。