ここから本文です

休養中の小林麻耶、3ヶ月ぶりブログ更新「また笑顔で働ける日が来るように」

オリコン 9月1日(木)16時30分配信

 体調不良のため休業中のフリーアナウンサー・小林麻耶(37)が1日、6月1日以来3ヶ月ぶりに自身のブログを更新。現在の体調や心境などについてつづっている。

【写真】小林麻耶&麻央が姉妹共演 仲睦まじい様子も

 ブログ冒頭「こんにちは。お久しぶりになってしまいました。この度は、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません」とお詫びの言葉で始めた小林は、「休養せざるをえなくなるまで自分を追い込んでしまったこと、そのせいで番組にご迷惑をおかけしてしまったこと、とても反省しています」と心境をつづった。

 また、休養に伴い、自著『まや道 向かい風でも笑顔の理由』発売記念イベントが中止となったことに触れ「握手会もできなくなってしまい、楽しみにしてくださったのに本当にごめんなさい」と重ねてお詫び。加えて「たくさんのいいね! メッセージ! 毎日のメッセージ! すごく励まされました。ありがとうございます」と励ましの声に感謝を述べた。

 今後について「今はまだ仕事ができる状態ではないのですが、また笑顔で働ける日が来るように、その第一歩としてブログを再開させていただきたいと思います」と前向きに語り、「ここは私にとってとても大事な場所です。不器用な私ですが、どうぞよろしくお願いします!」と呼びかけた。

 最後は、乳がん闘病中の妹・小林麻央(34)が同日新たにブログを開設したことにも触れ、「P.S. 妹がブログ始めました。ぜひ、アクセスしていただけたらうれしいです」と紹介し、ブログを結んでいる。

 麻耶は、5月19日のフジテレビ系『バイキング』放送を体調不良で退席した後、都内の病院に搬送。6月1日には事務所を通じ「当分の間すべての仕事を休ませて頂く事になりました」と休養を発表していた。

最終更新:9月20日(火)21時9分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。