ここから本文です

アリス・クーパー、コールドプレイら、名優ジーン・ワイルダーを追悼

BARKS 9月6日(火)10時48分配信

月曜日(8月29日)、『夢のチョコレート工場』や『ヤング・フランケンシュタイン』『ブレージングサドル』などで知られる俳優ジーン・ワイルダーが亡くなり、映画界だけでなくミュージシャンからも多くの追悼の言葉が寄せられた。

◆アリス・クーパー画像

アリス・クーパーは、「俺は、#GeneWilderと彼のTVコメディ#SOMETHINGWILDERで共演したのは、俺の全キャリアの中でも最も大切な思い出の1つだと考えている。“1対1”でジーンとコメディをやるのは、ザ・ビートルズとジャムするようなものだった。これ以上のものはない。ジーン・ワイルダーに代わるものはなく、彼はこれからもずっとアメリカの宝だ」と、追悼した。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーは「ジーン・ワイルダー、心底愛している」「偉大な俳優の1人で、俺の心を温め希望をくれた」と、デイヴ・ナヴァロは「ジーン・シモンズは、俺が子供のとき、ものすごく大きな存在だった。なにもかも、ありがとう! あなたは何百万のの人々に大きな変化をもたらした」、トム・モレロは、『夢のチョコレート工場』の台詞をつけ「RIP #GeneWilder/#WillyWonka "If the good Lord had intended us to walk he wouldn't have invented roller skates."」と、コメディ俳優/歌手のスティーヴ・マーティンは「さよなら、ジーン・ワイルダー。あなたは最高に偉大な銀幕コメディアンの1人だった。いつもオリジナルで驚きだった」と偲んだ。

また、コールドプレイは月曜日(8月29日)米デンバーで開いた公演で、『夢のチョコレート工場』のトラック「Pure Imagination」の一部を入れた「The Scientist」をワイルダーに捧げた。

Ako Suzuki

最終更新:9月6日(火)10時48分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。