ここから本文です

【東京株式市場】日経平均反発。103円への円安好感反発だが月初は様子見スタンスか

投信1 9月1日(木)7時5分配信

株式市場の振り返り-円安を好感して反発、商いも3週間ぶりの水準へ回帰

2016年8月31日(水)の東京株式市場は反発となりました。日経平均株価は前日比+1.0%の上昇、TOPIXも+1.3%の上昇で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数は+0.5%上昇する3日続伸となりました。

日経平均株価は、103円/ドルの円安進行を受ける形で前日比+132円高で寄り付きました。その後はやや上値が重くなり、前場の半ばには+111円高まで上げ幅を縮小しましたが、後場は再び買いが優勢となり、終盤には一時192円高となる場面が見られました。大引けに掛けて売りに押されましたが、最後は+162円高の16,887円で終わっています。

東証1部で上昇したのは1,459銘柄、値下がり404銘柄、変わらず108銘柄でした。東証1部の出来高は20億8,928万株、売買代金は2兆2,045億円(概算)となっています。売買高は8月8日以来の20億株となり、売買代金も8月9日以来の水準となりました。

セクター動向と主要銘柄の動き-29業種が上昇、前日に続き電子部品株が堅調に推移

東証1部で上昇したのは29業種、下落したのは4業種でした。上昇率の上位には、銀行や証券など金融関連が並び、原油関連及び一部の内需関連も目立ちました。逆に、円安にもかかわらず、輸出関連業種の上昇は限定的だったようです。他方、下落した業種は医薬品、小売りなど内需関連となりましたが、医薬品の下落が顕著でした。

個別銘柄では、ファナック <6954> 、ダイキン工業 <6367> 、JT <2914> などが大幅高となり、指数上昇に寄与しました。また、前日に続き、村田製作所 <6981> 、ローム <6963> 、TDK <6762> 、京セラ <6971> などの電子部品株が値を上げています。電機株では東芝 <6502> やシャープ <6753> などの低位株の上昇が目立ちました。一方、ローソン <2651> と良品計画 <7453> がいずれも年商来安値を更新し、ファミリーマート <8028> やニトリホールディングス <9843> などの小売株も値を下げて終わっています。その他ではKDDI <9433> も安く終わりました。

1/2ページ

最終更新:9月1日(木)7時5分

投信1

チャート

ファナック6954
17010円、前日比-280円 - 9月30日 15時0分

チャート

ダイキン工業6367
9351円、前日比-83円 - 9月30日 15時0分

チャート

JT2914
4119円、前日比-6円 - 9月30日 15時0分