ここから本文です

【東京株式市場】日経平均反発。103円への円安好感反発だが月初は様子見スタンスか

投信1 9/1(木) 7:05配信

株式市場の振り返り-円安を好感して反発、商いも3週間ぶりの水準へ回帰

2016年8月31日(水)の東京株式市場は反発となりました。日経平均株価は前日比+1.0%の上昇、TOPIXも+1.3%の上昇で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数は+0.5%上昇する3日続伸となりました。

日経平均株価は、103円/ドルの円安進行を受ける形で前日比+132円高で寄り付きました。その後はやや上値が重くなり、前場の半ばには+111円高まで上げ幅を縮小しましたが、後場は再び買いが優勢となり、終盤には一時192円高となる場面が見られました。大引けに掛けて売りに押されましたが、最後は+162円高の16,887円で終わっています。

東証1部で上昇したのは1,459銘柄、値下がり404銘柄、変わらず108銘柄でした。東証1部の出来高は20億8,928万株、売買代金は2兆2,045億円(概算)となっています。売買高は8月8日以来の20億株となり、売買代金も8月9日以来の水準となりました。

セクター動向と主要銘柄の動き-29業種が上昇、前日に続き電子部品株が堅調に推移

東証1部で上昇したのは29業種、下落したのは4業種でした。上昇率の上位には、銀行や証券など金融関連が並び、原油関連及び一部の内需関連も目立ちました。逆に、円安にもかかわらず、輸出関連業種の上昇は限定的だったようです。他方、下落した業種は医薬品、小売りなど内需関連となりましたが、医薬品の下落が顕著でした。

個別銘柄では、ファナック <6954> 、ダイキン工業 <6367> 、JT <2914> などが大幅高となり、指数上昇に寄与しました。また、前日に続き、村田製作所 <6981> 、ローム <6963> 、TDK <6762> 、京セラ <6971> などの電子部品株が値を上げています。電機株では東芝 <6502> やシャープ <6753> などの低位株の上昇が目立ちました。一方、ローソン <2651> と良品計画 <7453> がいずれも年商来安値を更新し、ファミリーマート <8028> やニトリホールディングス <9843> などの小売株も値を下げて終わっています。その他ではKDDI <9433> も安く終わりました。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 7:05

投信1

チャート

ファナック6954
20770円、前日比+540円 - 12/9(金) 15:00

チャート

JT2914
3815円、前日比+35円 - 12/9(金) 15:00

チャート

村田製作所6981
15355円、前日比+200円 - 12/9(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。