ここから本文です

ミシェウ・テメル氏がブラジル連邦共和国の新大統領に就任

MEGABRASIL 9/1(木) 12:06配信

任期は2018年12月まで

8月31日(水)、ブラジル議会の会議はブラジル連邦共和国大統領にミシェウ・テメル氏を任命した。

テメル氏はジウマ(前)大統領の弾劾のプロセスの開始した2016年5月以来、すでに大統領が行う執務を代行していた。

任命は、ヘナン・カレイリョス上院議長(PMDB=民主運動党、アラゴアス州)によって行われた。

就任式典は上院議員、下院議員、元議員、招待客でいっぱいになった中、上院議会で行われた。

テメル氏は憲法を順守するという誓約書を読み上げ誓った。

ジウマ前大統領の弾劾を問う上院議会での審議を終えた後、就任は決まった。テメル大統領は人気である2018年12月31日まで職務に就く

ミシェウ・テメル氏は法律家で憲法の専門家。約25年、国会議員を務めてきた。また、下院議会議長を3度務め、2010年と2014年のジウマ政権で副大統領に選ばれた。

(記事提供/Agencia Brasil)

最終更新:9/1(木) 12:06

MEGABRASIL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。