ここから本文です

iPhone 7のスペックリーク。防水性能はIPX7、一時的なら水に落としても大丈夫かも

ギズモード・ジャパン 9月1日(木)11時31分配信

念願の防水ですよ!

9月7日(日本時間9月8日深夜)のApple(アップル)によるスペシャルイベントで発表されると思われる次期iPhone。そのラインナップはおそらく「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」になると思われますが、その中身。スペックについても詳細な情報がリークされてきました。

中国Weiboに投稿された情報によりますと…、

■iPhone 7
CPU:Apple A10(16nm)
ディスプレイ:4.7インチ(1334x750)
メモリ:2GB
バッテリー:1960mAh
iSightカメラ:12MP、1/2.6型センサー、F1.9レンズ
防水:IPX7

■iPhone 7 Plus
CPU:Apple A10(16nm)
ディスプレイ:5.6インチ(1920x1080)
メモリ:3GB
バッテリー:2910mAh
iSightカメラ:12MP、1/3型センサー、F1.9レンズ、デュアルレンズ
防水:IPX7

であるようです。おおよそ予想どおりですが、防水性能のレベルがリークされたのは興味深いですね。このIPX7は「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水しない」という防水等級です。例えばdocomoの注意書きでは以下のようになっています。

”IPX7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。”

生活防水レベルといったところでしょうか。沈めない前提ならばお風呂でも使えるでしょうし、雨濡れやトイレ落とし程度ならば耐えられるようになったということですね。

過去、トイレにiPhoneを落として悲しい思いをしたことがあり、iPhoneが出るたびに、防水はまだか! 防水はまだか!と叫んでいただけに、防水は本当に嬉しい機能です。これが本当であるならば、もうiPhone 7はトイレに落とし放題です。

嘘です。iPhone 7も落とさないように気をつけましょう。ただ、落としても若干安心できます。ほっ。

image by NINETYONEFOTO / Shutterstock.com

source: Weibo

(小暮ひさのり)

最終更新:9月1日(木)11時31分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]