ここから本文です

旬の味に笑み ぶどう組合が開園式 群馬県沼田市

上毛新聞 9月1日(木)6時0分配信

 群馬県沼田市ぶどう組合(阿部春雄組合長)の開園式が31日、同市下発知町の農園で開かれた。招待された近くの池田幼稚園の園児21人がブドウ狩りを体験し、秋の味覚を味わった。

 園児たちは皮ごと食べられる品種「ゴールドフィンガー」をはさみを使って収穫。早速、実を口に運ぶと「おいしくて止まらない」と笑みをこぼした。

 阿部組合長は「今年は天候に恵まれ、色付きも糖度も最高」と話す。ブドウ狩りは10月末まで楽しめるという。詳しくは市観光インフォメーション(0278・20・1300)へ。

 ※アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと、動画を見ることができます。この機会にぜひお楽しみください。

最終更新:9月1日(木)6時0分

上毛新聞