ここから本文です

知英、JY名義で憧れ山口百恵カバー「光栄!」恋人は「いません」

MusicVoice 9/1(木) 11:20配信

 歌手のJY(知英=ジヨン)が31日、都内で、2ndシングル「好きな人がいること」のリリース記念イベントをおこなった。イベントでは同曲を披露し、さらにゲストに、双子ダンスユニットの「りかりこ」を迎え、会場に集まったファンとともに踊り、盛り上げた。JYは、カップリングに収録された、山口百恵の「夢先案内人」のカバーについて「憧れの方の曲をカバーすることができて光栄です」とコメントした。

【写真】双子ダンスユニットの「りかりこ」と知英

 「好きな人がいること」は、現在放送されているフジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』(月曜日夜9時~、出演=桐谷美玲、山崎賢人、三浦翔平、野村修平ほか)の主題歌。15日に先行配信され、iTunesトップソングチャートなどをはじめ音楽チャートで、12冠を達成した。

 さらに映画監督、写真家の蜷川実花さんが手掛けたミュージックビデオはYouTubeで940万回再生(30日時点)を突破するなど、リリース前から大きな話題を呼んでいる。なお、今回リリースされたジャケットも、蜷川さんが手掛けたもの。

 曲作りでは、JYも作詞に参戦。この曲作りに至ったのは、自身が出演しているラジオでの恋愛相談がきっかけだったと明かし「『片思いをしています』とか、『好きな人がいるんですけど』という人が結構多くて『じゃあJYからの応援ソングを書きましょう』と。働いていて恋ができない方とか、片思いしている方が多かったけど、そういう方に聴いてもらって、共感して、勇気を出してほしいなという気持ちで書きました」と詞に込めた想いを語った。

 また、歌詞にちなみ、好きな人の存在について問われると「好きな人はいませんが、好きな猫はいます。オスです」とかわし、笑いを誘った。

 なお、シングルのカップリング曲には、JYが「憧れの人」とかねてより公言していた山口百恵の「夢先案内人」のカバーを収録。この経緯を「百恵さんの曲の中でも『好きな人がいること』のイメージにピッタリかなって」と明かした。他方で「こんなに早く憧れの方の曲をカバーすることができて本当に光栄です。ライブでも何回か歌わせていただいていて、いいのかな?という感じでしたけど」と終始恐縮した様子を見せた。

 さらに、今後「百恵さんの『曼珠沙華』『神様のおぼし召し』とか、あまり知られていない曲をやらせていただければ」とさらなるカバー挑戦の意欲を語った。

 知英は2014年にKARAを卒業、以降は同名で日本を拠点に女優業をスタートさせ、『地獄先生ぬ~べ~』『暗殺教室』『民王』などのドラマ、映画に出演。歌手としてはJYの名で今年3月に1stシングル「最後のサヨナラ」でデビューを果たしている。

 知英としては現在、9月23日より天王洲・銀河劇場でおこなわれるブロードウェイ・ミュージカル『スウィート・チャリティ』でミュージカルの舞台の主演に初挑戦することが決まっていて、現在は稽古中。

 「ベテランの皆さんがたくさんおられる中で、自分は初だからまだ足りないことも多くて、稽古中もバタバタしているし、セリフもたくさんあって大変」と奮闘している様子を見せ「毎日いろんなシーンを稽古する中で自分も楽しみになってて、頑張らないと! って思っています」と意気込みを述べた。

 今後歌手・JYと女優・知英両方の立場について「どちらも同じ自分なので(特にそれを自分の中で)切り替えるわけでもなく、それぞれ違う仕事だけど、たとえば知英の時にJY(の経験)を生かしたりしたい」と語った。

 またこの日は、同曲にオリジナルの振り付けを行い動画投稿サイトで公開し、話題を呼んでいる双子のダンスユニット「りかりこ」がゲスト参加。会場に駆けつけた100人のファンの前で、JYとともに一緒に踊りを披露。さらにJYも「好きな人がいること」をライブで披露し、会場を盛り上げた。(取材・桂 伸也)

最終更新:9/1(木) 11:20

MusicVoice

なぜ今? 首相主導の働き方改革