ここから本文です

巡査長が容疑者名入りの書類紛失 羽田空港で

佐賀新聞 9月1日(木)9時52分配信

 佐賀県警佐賀署は1日深夜、20代の男性巡査長が窃盗容疑で逮捕された容疑者2人の氏名などの個人情報を記載した書類を出張先の羽田空港内で紛失したと発表した。同日午前、羽田空港内で書類は見つかった。

 同署によると、巡査長は刑事1課に所属し、窃盗捜査で8月30日から2日間の日程で上司2人と一緒に関東地方へ出張した。翌31日午後3時10分ごろ、羽田空港国内線第2ターミナルビルの搭乗口付近で容疑者関係の書類をとじたファイルをバッグから取り出した。佐賀空港へ到着して午後6時半すぎに同署へ戻った後、ファイルがなくなっているのに気付いた。

 ファイルはA4判で、中には男性容疑者2人の氏名、住所、生年月日が記載された書類のほか、関係先の地図や現金7800円などもあったという。容疑者の住所は埼玉県と茨城県で、佐賀市内の薬店から医薬品など15万円相当の商品を万引きした疑いで逮捕されていた。

 同署は「原因を調査して再発防止に努める」としている。

最終更新:9月1日(木)11時34分

佐賀新聞