ここから本文です

デビュー31年の石井竜也が達した境地「歌は砥ぎ石である」

TOKYO FM+ 9/1(木) 10:30配信

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、今年でデビュー31周年を迎える石井竜也さんが登場。8月31日にリリースされたニューアルバム『BLACK DIAMOND』のコンセプトや、あらためて考えたという「歌」についての想いを語ってくれました。


坂本「今日は大事な日です」

石井「そうです。『BLACK DIAMOND』っていうニューアルバムの」

坂本「発売日!」

石井「僕、昨年30周年迎えまして、今年は31周年目でどんな石井竜也を出そうかなっていろいろ考えた中で、歌っていうものをもう1回根本から考え直そうと。歌ってものは何に例えられるだろうかって、いろいろ考えたのね。最終的に砥ぎ石みたいなものじゃないかなと。なにか原石みたいなものがあって、それを磨くようなものが歌っていうものの位置なんじゃないかなと思ったの。人の人生を考えて」

坂本「磨く側?」

石井「そうそうそう。だから観に来てくれる人たちが、みんな自分を磨こうとしてる原石だとして、それの磨き石だったり磨き紙だったりする、そういうのが歌の場所なんじゃないかなって。要するに、僕にスポットライトが当たってるけど、これは跳ね返って観てくれる人たちに実は当たっている光なんじゃないかって気がして。それでいろいろ考えて、みんなを輝くダイヤモンドって考えると、まだ磨き途中だと思うわけ。どんな人でもね、どんな人間でもどんな立派な人でも、完璧に磨かれてる人なんて神様しかいないわけで。みんなそんなに完璧に磨かれてるダイヤモンドは、まだいないわけね。そのダイヤモンドを少しでも磨くためのものが歌なんじゃないかなあって。肩をバーンと叩く役じゃなくて、そっと背中を押すくらいのところに歌っていうものがあるのかなと。

人生っていうものをテーマにして、僕も56になったときに、何を歌ったらいいんだろうって考えたときに、楽しい、好きだよバンザイ! イエーイ!みたいなのも確かに楽しいけど、ここいらで一発、ちょっと影の歌も歌ってみようと思って。影も日向もあって初めて人生って成り立つわけで。ずっと日向ばかりなわけじゃないし、みんないろんな紆余曲折があるじゃない。どんな人だってね。だから、そのリアルな影の部分をちゃんと歌った歌をきちんとやってみようと思って。

それで、ダイヤモンドっていう輝いているものと、ブラックっていう暗黒なものを2つくっつけた言葉を“ブラックダイヤモンド”って付けて。検索してみたら、なんとダイヤモンドと全く同じ種類の炭素の塊がブラックダイヤモンドで、要するに何か不純物が入っちゃったがために真っ黒になっちゃった。で、黒いダイヤモンドはあまり価値がないので、ダイヤモンドを磨くために切ったり貼ったりする。ダイヤモンドが一番固いですから、このブラックダイヤモンドでしか磨けないんですよ。同じか、もしくはもっと固いものじゃないと磨けないでしょ。ブラックダイヤモンドでしかダイヤモンドは磨けないんですよ。だからブラックダイヤモンドって磨き石なんだって」

坂本「偶然ですか?」

石井「そう、偶然なんですよ。ブラックダイヤモンドって、いい言葉だな、面白いなと思って『BLACK DIAMOND』っていうアルバムタイトルにしたんですけど」

(中略)

坂本「初回限定盤にはライブ映像(今年5月5日にZeppTokyoで開催されたARTとMUSICの融合ライブ『ART NUDE-礎(-ISHIZUE)』の映像)が、ほとんど丸々入ってるんですね」

石井「『ART NUDE』というシリーズをやってまして、ここ3年ぐらいやってたんですね。十何年前にもやってたんですけど、お客さんのいる前で絵を描くっていうのが自分の中でも、ちょっとなんていうかできなかったんですよ。で、4年目にして、もうゴメンできない!てやめちゃったコンサートがあったんですけど、それを3年間だけやってみようかなと思って今回やってみたら、なんとお客さんが消えたんですよ。筆しか見えない、自分の腕の先しか見えないという状況にすることができたので、3年間やってみたんですけど。絵描きとしての石井、それから歌い手としての石井が同時にステージに向かっているという、そういうコンサートなんですけど。その模様を収めたDVDが入っています」


石井竜也さんのニューアルバム『BLACK DIAMOND』は、現在発売中です。初回限定盤の特典や9月から始まるホールツアーの詳細は、石井竜也さんの公式サイト(http://www.t-stone.com/)でご確認ください。

(石井竜也さんは、2016年8月31日水曜日、TOKYO FMの番組「坂本美雨のディアフレンズ」に出演しました)

最終更新:9/1(木) 10:30

TOKYO FM+

なぜ今? 首相主導の働き方改革