ここから本文です

MIYAVI、新作「Fire Bird」で手塚治虫『火の鳥』とコラボ実現

MusicVoice 9月1日(木)18時42分配信

 ミュージシャンでギタリストのMIYAVIが26日に、iTunesで1年4カ月ぶりのオリジナル・アルバム『Fire Bird』を独占先行配信、アルバム総合チャート3位を獲得した。このミュージック・ビデオとして、手塚プロダクションとコラボした「Fire Bird」火の鳥バージョンのミュージック・ビデオが公開された。MIYAVIはMVについて「創り手として、こういう形で作品の世界観が広がっていくことに歓びを感じています」とコメントした。また、同時期にブルーレイ+DVDが発売される、彼がハリウッドデビューを飾った映画『アンブロークン 不屈の男』について、「俳優とミュージシャンの、共通点を知る経験となった」と撮影を振り返った。

 「心が折れそうになっても常に先を見ながら立ち向かう」というMIYAVIの人生に対する姿勢と、アルバム『Fire Bird』の「どんなに孤独でも前進し続ける」というコンセプトが、手塚治虫の「火の鳥」の壮大な物語(人間の根本的な存在意義)と合致し、今回コラボレーションが実現。

 このMVは、火の鳥誕生(生命の誕生)、そして命のサイクル(歴史は繰り返す)を主軸に、火の鳥「黎明編」「未来編」に焦点を当てた。マグマの中から地球の原始時代を超え、未来を行き、そして、すべてが改ざんされ、また星の始まりへと続くといった内容。

 今回のMVディレクターは、『Fire Bird』に収録されている「Afraid To Be Cool」のMVを手がけたファンタジスタ歌磨呂氏が、引き続き務めた。

 この新バージョンのMVに対して、MIYAVIは「創り手として、こういう形で作品の世界観が広がっていくことに歓びを感じています。今回『火の鳥』の壮大なスケール感とそのメッセージ性と共鳴でき、本当に光栄に思っています。何より製作クリエイター陣の汗と情熱を是非とも感じ取って欲しいと思います。Fire Birdの旅は始まったばかりです。もっともっと高くブッ飛んで行きましょう。ジャパンツアー、ステージで待っています。Ready or not, here we fly」とコメント。

 さらにアルバム発売と同時期に、今年2月に日本でも公開され、MIYAVIのハリウッド・デビュー作となったアンジェリーナ・ジョリー監督作品『アンブロークン 不屈の男』のブルーレイ+DVDが発売された。

 この作品はアンジェリーナ・ジョリー監督が、戦場を生き抜いた一人のオリンピック選手の感動の実話を描いている。「この役には、美しさとカリスマ性がほしかった」というアンジェリーナ・ジョリー監督の熱烈な希望により、日本人伍長の渡辺役にMIYAVIが抜擢され、ハリウッド・デビューを果たした。この作品は第87回アカデミー賞で撮影賞、録音賞、音響編集賞でノミネートされた。

 この映画に対してMIYAVIは「自分自身をさらして感情を人に伝える――俳優とミュージシャンの、共通点を知る経験となった」と振り返った。

最終更新:9月1日(木)18時42分

MusicVoice