ここから本文です

神戸製鋼、難燃物処理技術を国内展開 放射性廃棄物処理に照準

日刊産業新聞 9/1(木) 14:22配信

 神戸製鋼所は31日、このほど設立した放射性廃棄物処理を行う「コベルコ スタズビック社」(KSC)の事業として、出資するスウェーデンのSTUDSVIK AB(スタズビック社)の持つ難燃物処理技術「THOR」(ソール)を導入したプラントの建設を国内で展開する方針を発表した。今後、国内原子力発電所の廃炉の増加に伴い発生する放射性廃棄物の処理ニーズが高まると見られる中、スタズビックの持つ金属除染技術や難燃物処理技術を活用した施設を国内で展開していく考え。

最終更新:9/1(木) 14:22

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。