ここから本文です

どんなシーンでも活躍できるシリーズ史上最速のアストンマーティン 新型「DB11」が日本初登場

オートックワン 9月1日(木)11時55分配信

アストンマーティン・ジャパンは8月31日(水)、今年3月に開催されたジュネーブモーターショー2016でワールドプレミアした最新モデル『DB11』を日本国内にて初公開した。

アストンマーティン DB11(画像140枚)

DB11は、1950年代から続くアストンマーティンのDBシリーズの最新モデル。2015年に公開された映画「007スペクター」では「DB10」がボンドカーとして登場しているものの、2003年に発表された「DB9」の正式な後継モデルとなる。

販売価格(消費税込)は、2380万円からで、10月以降よりデリバリー開始予定。

エクステリアは、アストンマーティンを象徴するフロントグリルやフロントヒンジのクラムシェルボンネットのフォルムなど、歴代モデルが受け継いできたデザインモチーフを継承しつつ、デイタイムランニングライトと低速コーナリングライトを一体化させたLEDヘッドライトなどを採用し、力強さを表現するフロントフェイスが特徴。ボディサイドには、空力処理が施されたアストンマーティンのデザインアイコンの一つであるサイドストレーキベント、Cピラーから流れるようにレイアウトされたエアロブレードなどを備える。

インテリアでは、最新のインフォテインメントシステムを装備するほか、メーターパネルには、車両情報を表示するフルカラー12インチTFT液晶ディスプレイが備わる。操作は、インパネ中央下側に設定する多目的ロータリースイッチ、またはオプションのタッチパッドでコントロールが可能となる。

搭載するパワートレーンは、新たに自社設計された最新のV型12気筒5.2リッターツインターボエンジンで、最高出力447kW(608PS)/6500rpm、最大トルク700Nm/1500-5000rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、パドルシフト付きのZF製8速トルクコンバーター・オートマチック・ギヤボックスで、0-100km/h加速は3.9秒、最高速は322km/hを実現する。また、アクセルオフ時や軽い加速時などの低負荷の際に、片側のバンクを休止させて燃料消費を抑える「インテリジェント・バンク・アクティベーション」とストップ・スタート機構を採用し、燃費改善も行われている。

発表会でアストンマーティン・ジャパンの寺嶋正一マネージングディレクターは、「(弊社は)ブランドとして日本でも浸透してきたかと思っているが、まだまだ『アストンマーティンというのは、スポーツカーなのか、GTカーなのか、セダンなのかはっきりしない』と口にされるお客様も数多くいらっしゃる。しかし、アストンマーティンというのは、スポーツカーとしての側面、GTカーとしての側面のどちらも持っており、サーキットでレースカーさながらの走りを楽しんだり、優雅にツーリングを楽しむことができる。さらにタキシードを着てパーティーに出かけるのにも非常に似合うクルマとなっている。さらに、DB11は9通りのセッティングを選べるので、どのようなシーンでも活躍できる。今後は、試乗していただくイベントを増やし、アストンマーティンはどういう車かということを広めていきたい」とコメントした。

最終更新:9月1日(木)11時55分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]