ここから本文です

高橋みなみ「移転前に築地市場に行ってみたい!」

TOKYO FM+ 9/1(木) 12:00配信

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組の8月31日(水)の生放送では、築地王の称号を持つライターの小関敦之さんをゲストに迎え「“築地さよなら詣で”3つのポイント」について教わりました。

たかみなはずっと生魚が苦手だったらしく、お寿司を食べられるようになったのが去年の年末だとか。

「ずっと生のお魚が食べられなかったんですけど、味覚が変わったのか、ふと食べてみたら、『おいしい! なんで今まで食べられなかったんだろう』という感じでした。“オトナ”の方々からは『人生損してるよ』って言われ続けていたんですが、その意味がやっとわかりました。だから築地も行っておきたいなと思っています!」

今回、番組で取り上げた「築地さよなら詣で」とは、築地市場(場内)が移転予定であることから、その最後の姿を見に行ったり、場内にある飲食店で食事をするなど、足を運ぶことを指します。

「“築地さよなら詣で”3つのポイント」の内のひとつは、「マグロの競りを見たいなら午前2時に行け!」。そもそも築地は見学用にできていないため、競りを見るため午前2時から並ばないと見られないとのこと。5時15分から始まる競りのために、2時に行くのはなかなか辛いですが、最近は外国人観光客も多いため確実に見たいならこの時間に並ぶのがベストとのこと。

また、移転先の豊洲は見学スペースが2階にあるため、「臨場感あふれる競りを味わうなら今の内に行くべき」という小関さんのアドバイスに、「私も見たことがないんです。やっぱりすごいんですか?」とたかみなが質問。すると小関さんは、「実を申しますと、私、朝早いのが苦手なもので……」と見ていないことを告白。しかも実際に見学できる時間は20分程度らしく、「なかなかハードルが高いんですよ(笑)」と語る小関さんに「築地王! まさか……!」と苦笑するたかみなでした。ですが、「それだけ価値のあるものですからね。ぜひ、築地が移転する前に、午前2時に並んで120番以内に入ってください!」としっかりフォローをして締めくくりました。

「築地さよなら詣で」のその他のポイントは、番組ホームページをご確認ください!

この日の放送中に小池都知事の会見があり、11月7日に予定していた築地市場の豊洲地区への移転は延期する方針が発表されたタイミングでのこの企画。延期にはなったものの、移転が何年も先になることはないという見解のもとお届けしました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2016年8月31日放送より)

最終更新:9/1(木) 12:00

TOKYO FM+

なぜ今? 首相主導の働き方改革