ここから本文です

あなたのお父さんもターゲット!? 金持ち爺さんを転がす悪女の“財産乗っ取り”計画

dmenu映画 9月1日(木)11時0分配信

高齢独身男の孤独につけ込んで財産を巻き上げる“後妻業”を、演技派女優・大竹しのぶが見事なハマリ役ぶりで演じた話題の映画『後妻業の女』が8月27日より全国公開された。さみしい爺さんたちが、悪い女に騙されると聞くと、なんだか悲愴感いっぱいの痛々しいお話……かと思いきや、なんのなんのユーモア満載の爽快な人間喜劇。映画が面白かっただけに、実際の“後妻業”について、もっと深く知りたくなってしまった。今まで考えもしなかったが、自分の父親だったらどうなのか……なんてね。

結婚相談所は後妻業の“宝の山”

大竹しのぶ演じる主人公・小夜子は、若々しくて話上手で愛らしい。結婚相談所主催のパーティでも、ターゲットを見つけると淑女然として猫をかぶって近づき、あっという間に虜にさせる。そして後妻に入り、金品・財産を根こそぎ巻き上げるのだ。その小夜子を背後で操っているのは結婚相談所の所長。2人して老人たちを次から次へと騙し、“後妻業”を繰り返してきたのだった……。

後妻業なんて、言ってみれば年配女性が、そんなに簡単にできるものなのか。下調べや準備が色々と大変なんじゃないか。原作や映画を観るまでそんな風に思っていた。しかし、舞台が結婚相談所というのがポイントなのだ。お見合い目当ての結婚相談所だったら、相手の家、職業(元職業)、家族構成やらなんやらかんやら、ある程度のことはわかってしまう。ここで資産の多い爺さんが労せずピックアップされるわけだ。しかも、その結婚相談所の所長がグルだったら、もう勝ったも同然だわね……ほんと詐欺師の方たちの頭脳明晰ぶりには恐れいります。

資産と持病のある男が狙い目!?

後妻業は今の現代日本人が直面している家族の問題や現実から生まれた職業、いや、犯罪といえる。映画パンフレットによると、熟年離婚が急増、65歳以上の一人暮らしは約600万人、男性の5人に1人が独身とある。そりゃ熟年婚活が急増するのも納得。それにともない結婚詐欺や後妻業が増えるのも、ごもっともです。

映画に出てきた言葉「結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテる。資産があって、持病があればなおいい。看取る時間の効率がいいから女同士の取り合いになったりする」……ほんとかよ!? って軽く衝撃だった。ちなみに、具体的に人気の爺さんの特徴は、資産があって、家族がいなくて(子どもや親戚と疎遠も可)、仕事一筋だったなど遊び慣れてない真面目な人。ついでに、持病があればなお素晴らしいというワケだそう。なんだか現実的すぎて怖いなぁ。あなたの離れて暮らすお父さんは大丈夫ですか……?

1/2ページ

最終更新:9月1日(木)11時0分

dmenu映画