ここから本文です

武雄市全職員がユニバーサルマナー検定取得へ 高齢・障害者に心遣い

佐賀新聞 9/1(木) 12:07配信

 高齢者や障害者に対する職員の意識改革を図ろうと、佐賀県武雄市は全職員が「ユニバーサルマナー検定」の3級資格取得を目指す。

 「ハード整備でのバリアフリーと同様に、職員も心遣いの意識改革が必要」(小松政市長)として、高齢者や障害者とのコミュニケーションの取り方、サポートの方法などを学ぶ。

 検定は社団法人「日本ユニバーサルマナー協会」が主催。インターネットで取得できる準3級、2時間程度の講義とグループワークで取得する3級、講義と実技や試験がある2級がある。

 武雄市職員は3級の取得を目標に、市が企画して複数回に分けて講習会を本年度内に開く。1人5千円の費用は市が負担する。9月定例市議会に関連予算180万円を提案する。

最終更新:9/1(木) 12:07

佐賀新聞