ここから本文です

人気で来館者1000万人突破か 東北道・羽生PAで鬼平イベント

埼玉新聞 9月1日(木)10時30分配信

 埼玉県の東北道上り線羽生パーキングエリア(PA)「鬼平江戸処」では、時代劇でおなじみの「鬼平」こと長谷川平蔵が9月に火付盗賊改方頭に任命されたことにちなみ、鬼平にまつわるさまざまなイベントを行う。

 鬼平江戸処は「鬼平犯科帳」の世界を再現し、2013年12月にオープン。人気を呼んでおり、今月で来館者1千万人を突破する見込みだ。

 18日にはハリセンで釈台を叩きながらリズミカルに話を読み語る「鬼平講談」、22日には独特の話口調で江戸雑学や鬼平江戸処の見どころ、火付盗賊改方頭にまつわる話を独特の話口調で披露する「江戸ご案内口上」、25日には利用者参加型の剣術体験で時代劇の世界を楽しめる「鬼平ショー」=写真=が行われる。館内では、食欲を満たす秋のグルメも満載だ。

 公演時間など詳しくはホームページ「ドラぷら」へ。

最終更新:9月1日(木)10時30分

埼玉新聞