ここから本文です

波乱 ラオニチ全米OP2回戦敗退、世界120位ハリソンに逆転負け<男子テニス>

tennis365.net 9月1日(木)7時39分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は31日、男子シングルス2回戦が行われ、第5シードのM・ラオニチ(カナダ)は予選を勝ち抜いた世界ランク120位のR・ハリソン(アメリカ)に7-6 (7-4), 5-7, 5-7, 1-6の逆転で敗れる波乱に見舞われ、3回戦進出とはならなかった。

【錦織ら全米オープン対戦表】

この試合、ラオニチは18本のサービスエースを決めるも、15本ものダブルフォルトを犯してしまい、第4セットはわずか1ゲームしか取ることが出来ず、3時間37分で敗れた。

今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でラオニチは四大大会初の決勝進出を果たし、A・マレー(英国)に敗れるも準優勝を飾った。

全米オープンでは2012・2013・2014年のベスト16進出が最高で、昨年は3回戦でF・ロペス(スペイン)に敗れた。

一方、勝利したハリソンは、3回戦でM・バグダティス(キプロス)と対戦する。バグダティスは2回戦で第32シードのB・ペール(フランス)を破っての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:9月1日(木)7時39分

tennis365.net