ここから本文です

「せり込み蝶六」をアレンジ あい鉄魚津駅のメロディ決定/富山

チューリップテレビ 9/1(木) 9:48配信

 魚津市が公募していたあいの風とやま鉄道・魚津駅の列車到着メロディが決まり、報道陣に公開されました。

 新しいメロディは、来年3月中旬から使われる予定です。
 これは魚津市の村椿市長が定例会見で発表したものです。
 市では今年6月から魚津に伝わる民謡『せりこみ蝶六』の原曲をホームページで公開、その特徴を生かした10秒間の列車到着メロディを全国から公募していました。
 選考の結果、応募総数73曲の中から東京都の中村孝幸さんが編曲した『Uozu(うおづ)ーChime(ちゃいむ)』が最優秀曲に決まりました。

 編曲した中村さんは「印象が暗くならないようきらびやかな音色を使った。利用者に親しんで頂きたいと」コメントしています。

 このメロディは来年の3月中旬から魚津駅で使われる予定です。

チューリップテレビ

最終更新:9/1(木) 9:49

チューリップテレビ