ここから本文です

液体入った容器見せ現金要求、逃走 矢祭で郵便局強盗未遂

福島民友新聞 9月1日(木)10時42分配信

 31日午後2時40分ごろ、矢祭町の下関河内郵便局から、緊急事態を知らせる非常通報装置を通して110番通報があった。男が液体の入ったペットボトルのようなものを持って現金を要求したが、何も取らずに逃走したため、棚倉署が強盗未遂事件とみて捜査している。けが人はいなかった。

 同署などによると、男は液体の入ったペットボトルのようなものを手に同郵便局を訪れ、現金を要求する言葉が書かれた紙片を50代の男性局員に見せた。男性局員が「金は出せません」と言うと、男は西の方向へ逃げたという。男は30歳くらいでマスクをしており、液体はガソリンとみられるという。

 現場は町役場から南東に約5キロ離れた静かな住宅地。近くに住む女性(85)は「穏やかな地域で事件が起き、驚いた。逃げた男が早く見つからないと不安だ」と話した。

福島民友新聞

最終更新:9月1日(木)10時42分

福島民友新聞