ここから本文です

JR西日本、三江線廃止の意向を表明 「鉄道事業はどのような形態であっても行わない」

乗りものニュース 9/1(木) 12:49配信

過去には増便実験もしていた

 JR西日本は2016年9月1日(木)、沿線6市町でつくる「三江線改良利用促進期成同盟会」の会議で、三江線を廃止する意向であることを表明しました。

【動画】聞いてはいけない東海道新幹線の車内放送

 今年8月1日、同盟会はJR西日本に対し路線存続の要請と運行継続の場合の支援策を伝えていました。また、8月19日には島根県の溝口善兵衛知事とJR西日本の来島達夫社長が県庁で会談。来島社長は三江線の存続が厳しい考えを溝口知事に伝えていました。

 今回の発表では「当社として三江線の鉄道事業はどのような形態であっても行わないという判断に至りました」としており、鉄道事業の廃止届出はJR西日本の社内手続きを経たうえで、2016年9月末日までに行うといいます。

 三江線は、島根県江津市の江津駅と広島県三次市の三次駅を江の川沿いに結ぶ全長108.1kmの路線です。1930(昭和5)年に石見江津(現、江津)~川戸間が開業。三次側は1955(昭和30)年の三次~式敷間の開業以降、路線を伸ばしていき、1975(昭和50)年に全線が開通しました。

 しかし、そのあいだに沿線では過疎化とモータリゼーションが進行。線路も川沿いを走っていることから距離が長くなっており、特急や急行といった優等列車が設定されたこともありません。

 三江線の輸送密度は、JR発足時の1987(昭和62)年度が458人/日だったのに対し、2014年度は50人/日まで減少。沿線市町村の人口も減少が続いており、この傾向は将来にわたっても続くと予想されています。

 2012年には利用促進を図るため、バスによる増便社会実験を3か月間実施。三江線活性化協議会は報告書のなかで、列車とバスあわせて約2倍の本数を運行したものの、利用者数は対前年同期の約2割増にとどまったことなどから「増便が利用促進に一定の効果は見られたものの、鉄道での増便だけでは大幅な利用増加は見込めず、三江線沿線の潜在需要は限定的と考えられる」と評価していました。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/1(木) 13:46

乗りものニュース