ここから本文です

“アンリより高い”FWペレスに現地で不安の声も「ところで彼は浅野よりも速く走れるのか?」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月1日(木)13時4分配信

アーセナル攻撃陣の活性化に繋がるか

アーセン・ヴェンゲルが移籍市場終盤に太っ腹な買い物をした。スペインのバレンシアとデポルティボから、それぞれDFシュコドラン・ムスタフィとFWルーカス・ペレスを招き入れることに成功。夏の“爆買い”にあまり積極的な姿勢ではないこのフランス人指揮官の契約について、現地のガナーズサポーターの間では様々な意見が飛び交っている。

サポーターはオリビエ・ジルーやダニー・ウェルベック、そしてセオ・ウォルコットといったFW陣に100%の信頼を寄せておらず、これまでに幾度もレアル・マドリードのカリム・ベンゼマやパリ・サンジェルマンのエディソン・カバーニといった本格派ストライカーの獲得が望まれてきた。今回ガナーズが1700万ポンドで引き抜いたスペイン人FWペレスが、彼らのようなレベルを有しているかは分からないが、サポーターはこの27歳に少なくない期待を寄せている。英『Daily Mail』のフォーラムには現地サポーターによる“リアルな本音”が投げかけられた。

「アンリは1200万ポンドだったが......」

「遂に来たか! 彼にようこそと言いたいね」

「ペレスはデポルティボで7試合連続ゴールをした。素晴らしい記録だ」

「ベンゲルさんよ、頭が痛い。ところでペレスは浅野拓磨よりは速く走れるんだろうな?」

「ジエゴ・コスタよりはマシかもしれない」

「1700万ポンドはバーゲン価格だ。ポグバの6分の1だ」

労働許可証がネックとなり、今季はドイツで武者修行することになった日本の快速アタッカー、浅野拓磨もいつの日か同クラブで輝きを放つ日が来ることを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月1日(木)13時5分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]