ここから本文です

三一重工:コンクリートミクサー販売規模世界一を維持

済龍 China Press 9/1(木) 12:26配信

 2016年9月1日、中国大手重機メーカー、三一重工が2016年上半期の経営報告を発表した。

 報告によると、三一重工2016年上半期(1月―6月)の営業収入は、2015年同期と比較して18.5%減少し、112億2000万元(約1732億6900万円)にとどまった。
 
 同社販売額の内訳は、コンクリートミキサー販売額が50億元(約773億5300万円)。掘削機販売額が34億元(約526億7600万円)、クレーン販売額13億5400万元(約209億円)など。
 
 2016年上半期の純利益は1億3800万元(約21億3100万円)、前年同期比で48.6%の大幅減少を示している。

(China Press 2016:IT)

最終更新:9/1(木) 12:26

済龍 China Press

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。