ここから本文です

ロッテ角中の3ラン導いた指揮官のサイン 打点荒稼ぎでデスパイネに謝罪!?

Full-Count 9月1日(木)10時55分配信

起死回生の同点3ラン&走者一掃三塁打で6打点

 チームの重苦しいムードをロッテ角中のバットが一発で晴らして見せた。8月31日のオリックス戦。1-4と連敗ムードが濃くなった5回無死一、二塁で、今季8連敗中から5か月ぶりの勝利投手が目の前に見え始めたオリックス東明の145キロを右翼席上段へ運んだ。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 起死回生の同点7号3ラン。アシストはベンチの伊東監督だった。「あえて引っ張りのサインを出した」と思い切りバットを振り切らせようという指揮官の意図に、角中も見事に応えた。「真っすぐが押され気味だったが振り切れた」。結果を欲しがる意識を右打ちのサインが払拭してくれた。

 その“いい感じ”は6回にも繋がった。2死満塁で左腕松葉から左中間に走者一掃の三塁打。「左投手で、インコースを投げるのは考えづらい。(外角に逃げる)スライダーを待っていて、2球目、普通に打てばヒットになる甘い真っすぐを見逃し(0-2と追い込まれて)終わったと思ったが、ストレートに食らいついていった」。外角高め143キロのストレートを完璧に捉えた。

 5回の3ランと合わせて実にプロ入り初の1試合6打点。3割4分9厘で2位日本ハムの西川を4分以上離し、2度目の首位打者は目の前だが、ここにきて打点も荒稼ぎ。日本ハムの中田らと打点王を争うチームメートのデスパイネには「試合中に、全部(走者を)さらってしまい(デスパに)謝っときました」と笑ったが、この10試合で3勝7敗と落ち込むチームにあって「誰も優勝をあきらめている人間はいない。疲れもそれほど感じない。あと1か月、フルでやるつもり」と完全燃焼を誓っていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月1日(木)10時55分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]