ここから本文です

[移籍]チェルシー、移籍市場終了間際に滑り込みでブラジル代表DFリーダーの電撃復帰を発表

theWORLD(ザ・ワールド) 9月1日(木)14時20分配信

自身2度目のブルーズ

チェルシーは8月31日、パリ・サンジェルマンからブラジル代表DFダビド・ルイスを獲得したことを発表した。契約期間は3年となっている。

現在29歳のダビド・ルイスは、母国ブラジルでプロデビューを果たすと、2007年1月にベンフィカへ移籍。4年過ごした後にチェルシーへ加入した。同クラブではチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの優勝に貢献。しかし2013年夏、ジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシーに復帰すると、ダビド・ルイスの出場機会が減少し、シーズン終了後にPSGへ移籍していた。

そんなダビド・ルイスはクラブの公式サイトを通じて「チェルシーに戻ってくることができてうれしいよ。ここには良い思い出がたくさんある。チームに貢献し、アントニオ・コンテ監督のもとで成功してみせるよ。僕は常にファンと素晴らしい関係を築いてきた。再び青いユニフォームを着てスタンフォード・ブリッジのピッチに立てることを楽しみしているよ」と移籍の喜びを語った。

はたして、ダビド・ルイスは自身2度目のチェルシーで再び栄光を勝ち取ることができるのだろか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月1日(木)14時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。