ここから本文です

ラオニッチは2回戦で予選勝者のハリソンに敗退 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月1日(木)14時0分配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が予選勝者のライアン・ハリソン(アメリカ)に7-6(4) 5-7 5-7 1-6で敗れた。試合時間は3時間37分。

錦織、楽勝ムード一転の4セット勝利に「苦しい試合でした」 [全米オープン]

 7月のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)では準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)を6-3 6-7(3) 4-6 7-5 6-3で破るなどしてグランドスラム初の決勝進出を果たした25歳のラオニッチは、全米オープンでは過去3度の4回戦進出が最高成績となっている。昨年は3回戦で、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)に2-6 6-7(4) 3-6で敗れていた。

 そのほかの試合では、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、2014年の覇者で第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第15シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、第24シードのルカ・プイユ(フランス)、第26シードのジャック・ソック(アメリカ)、アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)、ニコラス・アルマグロ(スペイン)が勝ち上がっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス2回戦 主な試合結果】

○25ジャック・ソック(アメリカ)[26] 6-1 6-1 6-2 ●27ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)[Q]

○32マリン・チリッチ(クロアチア)[7] 6-1 6-2 6-3 ●29セルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)

○33ラファエル・ナダル(スペイン)[4] 6-0 7-5 6-1 ●36アンドレアス・セッピ(イタリア)

○38アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)7-5 6-4 7-6(5) ●40アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)[31]

○41ルカ・プイユ(フランス)[24] 4-6 3-6 7-6(6) 6-2 6-0 ●44マルコ・キュードネリ(スイス)[Q]

○48ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[15] 5-7 6-2 6-3 6-2 ●46フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)

○54ニコラス・アルマグロ(スペイン)7-6(5) 6-4 7-6(9) ●56パブロ・クエバス(ウルグアイ)[18]

○62ライアン・ハリソン(アメリカ)[Q] 6-7(4) 7-5 7-5 6-1 ●64ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[5]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - AUGUST 31: Milos Raonic of Canada walks off the court after his loss to Ryan Harrison of the United States during his second round Men's Singles match on Day Three of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 31, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

最終更新:9月1日(木)14時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]