ここから本文です

U-19日本代表でも活躍する市船DFが新潟に加入内定「一日でも早く新潟サポーターの前でプレイできるように」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月1日(木)17時20分配信

残留争いで一歩リードの新潟

アルビレックス新潟は1日、船橋市立船橋高等学校のDF原輝綺が2017年シーズンより加入することを発表した。

現在18歳の原はU-19日本代表でも活躍。現在フランス遠征中のU-19日本代表メンバーにも選出されており、クラブは同選手を「正確なテクニックと状況に応じた判断力に優れ、守備的ポジションであればどこでも担うことができるユーティーリティプレイヤー」と紹介している。

また原は、クラブ公式サイトを通じて「はじめまして! アルビレックス新潟に入団することとなりました原輝綺です」とサポーターに挨拶。「夢だったプロへの道をアルビレックス新潟でスタートできることを嬉しく思います。一日でも早く新潟サポーターの皆さんの前でプレイできるように、日々がんばっていきます。応援よろしくお願いします」と新たな挑戦に向けて意気込みを語った。

新潟は現在、27節を終え、降格圏となる16位の名古屋グランパスと7ポイント差をつけて14位。次節は10日、その名古屋とホームで対戦する。来季から原が加入することが決まった新潟は、残留争いのライバルを直接叩くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月1日(木)17時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。