ここから本文です

昨年の全米OPで錦織破ったペール、今年は2回戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 9月1日(木)19時43分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は31日、男子シングルス2回戦が行われ、第32シードのB・ペール(フランス)は世界ランク44位のM・バグダティス(キプロス)に2-6, 4-6, 6-3, 4-6で敗れ、2回戦敗退となった。

【錦織vsカチャノフ 1ポイント速報】

この日、ペールはファーストサービスの確率が41パーセントで、バグダティスに2度のブレークを許して第1セットを落とすと失速し、2セットダウンの崖っぷちに立たされた。

第3セットは1ブレークに成功して取り返すも、第4セットでバグダティスに振り切られ、2時間10分で敗退。試合を通して、ペールは41本もの凡ミスを犯していた。

昨年の全米オープン1回戦でペールは錦織圭(日本)を破り、その後もT・ロブレド(スペイン)らに勝利してグランドスラム初のベスト16進出。さらに楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)準決勝でも錦織を下していた。

一方、全米オープンで3年ぶり2度目の3回戦進出を決めたバグダティスは、試合後に観客へ手を振り、コートへキスするパフォーマンスを見せて喜を露わにした。

tennis365.net

最終更新:9月1日(木)19時43分

tennis365.net