ここから本文です

ミラン本田と元バルサFWのトレード話は破談に!? 「彼はスソに先発を奪われた……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/1(木) 17:40配信

サンシーロからの脱出もあり得た?

イタリアの名門ミランに所属する日本代表MF本田圭佑にラツィオ行きの可能性があったと現地メディアが報じている。

不調に終わった昨季に続き今季もビンチェンツォ・モンテッラ新監督の下、出場機会を与えられずに苦しんでいる本田。ミランで10番を背負う日本のエースにとっては逆境の日々が続いているものの、サンダーランドからのオファーを拒否したと伝えられるなど、完全にポジション争いを諦めたわけではない。また伊『calciomercato』によればマーケット終盤に強豪ラツィオが、スペイン出身のFWケイタ・バルデと本田のトレードを持ちかけてきたという。もちろんバルセロナユース出身の21歳のストライカーと30歳の日本代表MFによる“交換締結”の知らせは、現時点において届いていない。また『Hard Tackle.com』は日本人MFの境遇について「30歳の本田圭佑はCSKAモスクワから大きな期待をもって迎えられ、昨季はレギュラーとしてプレイしたが、今季はスソにポジションを強奪されている。当然ながら本田は先発できるチームを探すことになるだろう」と述べている。

これまで本田に関心を示したクラブはトッテナムやストーク・シティ、そしてサンダーランドといったイングランド勢が主だったものの、イタリア国内からの需要も相変わらず存在するのかもしれない。以前は日本のメディアに対し「ミランから必要とされているのかどうかが分からない」と語っていた本田だが、2016-17シーズンもミランでプレイする以上はかつてのようなハイレベルなクオリティを期待したいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/1(木) 17:40

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]