ここから本文です

【U-18アジア選手権】日本が今大会最多35-0でインドネシアに完勝! 藤嶋は5回を完全投球

Full-Count 9/1(木) 15:23配信

格下相手にも手を緩めぬ戦いでリスペクト、22安打35得点は今大会最多

 第11回BFA U-18アジア選手権は9月1日にファーストラウンド最終日を迎え、日本はインドネシアを35-0で撃破し、3戦連続完封勝利でグループA1位でセミファイナルラウンドに進出することになった。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 初戦の香港戦の経験を生かした日本は、インドネシアの先発ダリオルの緩い球に惑わされず、初回からしっかりと捉えた。相手の3失策や4四球も重なり、打者15人6安打11得点。2回は初回に見逃し三振に倒れた先頭・入江大生(作新学院)が初球をレフトへ本塁打すると、今度は打者2巡11安打で12点を挙げた。3回と4回にも6点ずつを挙げて、合計35得点。

 投げては、先発した藤嶋健人(東邦)が初回から集中力を切らさずに、インドネシアと真っ向勝負。5回を打者15人で終わらせる10奪三振の完全投球で、チームを3連勝に導いた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/1(木) 15:30

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています