ここから本文です

グランドスラム1、2回戦で負け知らず----大坂なおみが3回戦へ [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月1日(木)22時0分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催中の「全米オープン」(8月29日~9月11日)は3日目、男女のシングルス2回戦、ダブルス1回戦が行われた。日本勢は大坂なおみ(日本)がドゥアン・インイン(中国)を6-4 7-6(3)で下し、全豪、全仏に続いて出場したグランドスラム3大会で連続の3回戦進出となった。

【全米オープン3日目_WOWOW動画】大坂、ナダル、ツォンガ、ムグルッサvsセバストワ ハイライト、スタジオインタビュー

 ダブルスでは穂積絵莉(エモテント)/加藤未唯(佐川印刷)がマグダ・リネッテ(ポーランド)/ワン・チャン(中国)を6-4 6-2で破り、ウィンブルドンに続いて初戦突破を果たし、日比野菜緒(LuLuLun)はニコール・ギブズ(アメリカ)と組んでマリアナ・デュケ マリノ(コロンビア)/モニカ・プイグ(プエルトリコ)に6-3 5-7 6-4で競り勝った。

 しかし青山修子(近藤乳業)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)は第12シードのベサニー・マテック サンズ(アメリカ)/ルーシー・サファロバ(チェコ)に4-6 2-6で敗れ、土居美咲(ミキハウス)はバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)との初めてのペアで臨んだが、第15シードのキキ・バーテンズ(オランダ)/ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)に4-6 2-6で敗れた。

     ◇   ◇   ◇

 1時間23分かかった試合は、もっと早く終わっていてもいいはずだった。6-4でセットを先取した大坂は、第2セットも4-0と一方的にゲームを重ねていた。しかし、流れが急速に変わったのはそこからだ。

「勝ったと思ってリラックしすぎてしまった。相手は開き直った感じで、バンバン打ってきてどうしようもなかった」

 第5ゲームはドゥアンがキープ、そのあとの第6ゲームで大坂は15-15から2本連続のダブルフォールトをおかしてブレークを許す。

 これでドゥアンが一気に調子づいた。持ち味の爆発力が炸裂し、次のゲームだけで4本のウィナーを放ってキープすると、第8ゲームはまたもリターンエースを含む3本のノータッチのウィナーでふたたびブレーク。結局、5ゲーム連取で4-5とされた大坂だが、第10ゲームを30-30からキープできたことが大きかった。

 その後、タイブレークにもつれ、3-3まで競り合ったが、大坂が大物を予感させる勝負強さを見せた。エースで4-3にすると、ドゥアンの豪快なショットに食らいつき、連続してミスを引き出した。

 ドゥアンがあれだけの体格とパワーを備えながらグランドスラムの常連にもなれず、ランキングも最高で100位止まりだったのは、長い打ち合いになると抑えがきかなくなるような不安定さのせいだ。そして、それはまさに大坂がこの1、2年で改良してきたところである。以前は「ミスをし出すと止まらなくなっちゃう」と自分の弱点を吐露していたが、悪い流れを断ちきるだけの忍耐強さとテクニックを身につけた。

 ただ、第2セットの第4ゲーム、第6ゲームにそれぞれあった2本連続のダブルフォールトに、ミスの連鎖傾向をわずかに残していたかもしれない。ここから先の戦いはそうした隙を見逃してくれない相手だ。まず次は、世界ランク9位のマディソン・キーズ(アメリカ)に挑む。

「下の立場のほうが楽しいわ。プレッシャーもなくなるし」と大坂。1回戦でまさに地元ニューヨーク出身のココ・バンダウェイ(アメリカ)との試合を経験しただけに、もう“アウェー”は怖くない。試合が進むにつれてスタンドに味方を増やしていくのも、大坂の得意技だ。

 それに、2回戦に勝てば母親と姉が応援に来てくれるという約束だという。考えてみれば、まだ18歳。待ちに待った家族からもらう力は、どんなハードなトレーニングでも得られないものだろう。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

最終更新:9月1日(木)22時0分

THE TENNIS DAILY