ここから本文です

本田のライバルとなるミラン新戦力は南米最優秀選手にも輝いた“リケルメ越え”の超エリート!

theWORLD(ザ・ワールド) 9/1(木) 21:30配信

素晴らしいテクニシャンが加入

日本代表MF本田圭佑を擁するイタリアセリエAのミランが8月31日、フィオレンティーナのチリ代表MFマティアス・フェルナンデスを期限付き移籍で獲得したことを発表している。

12歳でチリの名門コロコロに加入したエリートのフェルナンデスは2004年にトップチームデビューを飾り、キレのあるドリブルと魔法のようなスルーパスでその名を広めていく。2006年にはコロコロにリーグタイトルをもたらすと、同年の南米年間最優秀選手を受賞。その活躍が認められ、スペインのビジャレアルへとステップアップを果たすと当時在籍していたファン・ロマン・リケルメを凌駕する素晴らしいテクニックと俊敏な動きを見せ、完全にお株を奪った。同選手獲得にはミラン以外にもカリアリが執心していたものの、彼が最終的に選んだのはジャコモ・ボナベントゥーラや本田圭佑らとの熾烈な争いだ。伊『corriere dello sport』によるとフェルナンデスのレンタル料は75万ユーロ、そしてミランがこのチリ代表MFの買取を決意した場合には100万ユーロが支払われることになるという。

ビンチェンツォ・モンテッラ新監督の下、ジャンルカ・ラパドゥーラやホセ・ソサといった選手を獲得しているミラン。決して派手な補強を敢行したとは言えないが、本田にとって厳しい日々が待っていることは事実だろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/1(木) 21:30

theWORLD(ザ・ワールド)