ここから本文です

【MLB】イチロー、当たり前のように大飛球好捕 「彼は何年もこれを続けている」

Full-Count 9/1(木) 22:41配信

ホームラン性の打球をキャッチ、敵地元紙の記者も「イチローが主役。ワオ」

 マーリンズのイチロー外野手が、8月31日(日本時間9月1日)の敵地メッツ戦でフェンス際で大飛球をジャンピングキャッチする好守を見せた。敵地メディアや球団公式ツイッターは「イチローが主役」「伝説的」と称賛している。イチローは4打数1安打1得点に終わり、試合はマーリンズが2-5で敗れた。

ロドニーがTwitterに掲載したイチローとの「弓矢ポーズ」

 背番号51が魅せたのは5回だった。1-2と1点ビハインドの1死一塁の場面で、メッツの主砲グランダーソンがセンター右へ大飛球を放った。ホームラン性の打球に対してイチローが背走。打球とフェンスの位置を確認すると、フェンス際でジャンピングキャッチを決めた。決して難易度の低いプレーではなかったが、ジャンプのタイミングは完璧で、余裕すら感じさせるキャッチだった。

 この美技に敵地ニューヨークの地元紙「ニューズデイ」のマーク・クレイグ記者はツイッターで「イチローが主役。ワオ」「イチローのジャンプが待に合わなかったら、グランダーソンの長打はフェンスの上に当たっていただろう」と連続投稿。イチローのファインプレーを称えた。

球団公式ツイッターは「伝説的」と動画を紹介

 MLB公式動画GIFのツイッターも「彼は何年もこれを続けている」とゴールドグラブ賞10度のイチローの美技を紹介している。

 マーリンズの公式ツイッターもイチローのファインプレー動画を紹介。「伝説的」と称賛した。グランダーソンの大飛球に沸いた敵地シティ・フィールドも騒然となり、観客の大歓声はため息へと変わった。

 イチローはこの日、ライトで先発したが、オズナの負傷交代でセンターにシフトしていた。守り慣れていない敵地のセンターで、42歳が当たり前のように見せた美技は、米国で話題を呼んだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/1(木) 22:41

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。