ここから本文です

ロッテ井口、3ランで通算1000打点 サブロー引退で「自分も悔いのないように」

Full-Count 9月1日(木)22時59分配信

プロ野球史上44人目の1000打点、「ホームラン以上に価値がある」

 苦しいチームを引っ張ったのは、やはりベテランの力だった。日米を股にかけて活躍を続けてきた42歳。チーム最年長のロッテ井口資仁内野手が、1日のオリックス戦で会心の一発を放った。

角中とデスパイネが打線を牽引、ロッテ打者の今季成績一覧

 3-0とリードして迎えた3回、オリックスの先発・山田のストレートを左翼席に運ぶ5号3ランで、チェンに今季初勝利をプレゼント。プロ野球史上44人目の1000打点(1002打点)をホームランで達成した。

 初打点はダイエー時代の1997年5月3日の近鉄戦。「長くやっているから出来た数字。いい場面で打てた」とお立ち台で語っていたが、「チームへの貢献度はホームラン以上に(打点に)価値があると思う。まだまだ積み重ねていきたい」と語り、1000打点も通過点と思っている。

 40歳のサブローがこの日、球場内で引退会見を行った。この日は顏は合わせておらず、労をねぎらうのは25日の引退試合になるが「同じ年代の選手が去っていくのは寂しいが、自分も遠い話ではない。悔いのないよう、チームのために、自分ができることをしっかりやっていきたい」と井口は話す。

 連勝は8月11日・楽天戦、12日・ソフトバンク戦以来。17日の楽天戦から4連敗して1勝し、また5連敗と苦しんできた。「月もかわって残り21試合。まずは上を向いて」。百戦錬磨の存在は今のロッテに欠かせない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月1日(木)22時59分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]