ここから本文です

窓口移転で利便性向上 支援センターなど

カナロコ by 神奈川新聞 9月1日(木)7時3分配信

 町民や来庁者への利便性向上のため、二宮町は10月から地域包括支援センターなどを移転する。

 同センターはこれまで町社会福祉協議会(同町山西)内に設置されていたが町役場内に移転し、介護保険の申請や高齢者の総合相談などが一つの窓口で行えるようにする。

 「にのみや町民活動サポートセンター」は、JR二宮駅の北口通り商店街から、町役場隣接の町民センターへ移転。これまで駐車スペースが1台分しかなかったが、町役場の駐車場を併用できるようにする。今回の移転により現在のサポートセンターは、9月25日に閉館する。

 各窓口の開始日は、サポートセンターが10月1日、地域包括支援センターは同3日。

最終更新:9月1日(木)7時3分

カナロコ by 神奈川新聞