ここから本文です

河瀬直美監督が目論む、奈良から世界へ

Lmaga.jp 9月1日(木)7時0分配信

歴史都市・奈良に映画人が集う、『なら国際映画祭』が9月17日に幕を開ける。エグゼクティブディレクターをつとめるのは、世界三大映画祭のひとつ『カンヌ国際映画祭』で、今年2つの部門の審査委員長を務めた河瀬直美監督だ。同映画祭で、1997年に『萌の朱雀』でカメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少で獲得、2007年には『殯(もがり)の森』で最高賞に次ぐグランプリに輝いた。地元・奈良での映画祭開催に強い思いを持つのはなぜか。河瀬監督に話を訊いた。

樹木希林らと舞台挨拶をおこなう河瀬直美監督

「この映画祭から、新しい才能を発掘していく」(河瀬直美)

──2010年から隔年で行われてきた『なら国際映画祭』、その4回目がまもなく開幕します。まず、映画祭を奈良で開催することに、監督自身が強い想いを抱かれて突き進んできたと思うのですが、そのこだわりについてお聞かせください。

「映画祭」というのは、映画作家・河瀬直美を育ててくれた場所でもあるので、カンヌだけじゃなくて、自分の故郷にもそういう場があればいいなと考えました。あるとき、あれはフランスのマルセイユ映画祭だったと記憶してるんですが、そこでボランティアの若い子たちが「自分の町が好きだから、ここで開催する映画祭に関わっている」と言ったことが非常に印象的で。その感覚って、日本の若者にはあるかなぁと。田舎では何もできないといって、すぐ都会に目を向けてしまう。そうではなくて、自分の場所で足元を掘り下げて物事に向きあうことの方が健全な気がして。「奈良」は歴史的な街ですが、地方都市でもあり、経済優先の考え方では良さを見出す事が困難です。そこにある宝物をきちんと自らの目で見出し、誇りを持つ事、それは私にとって、映画監督以外のもうひとつのライフワークとも言えます。

──奈良に住みながら、国際的に活躍する河瀨監督だからこそ説得力があります。奈良も、若者が都市部へ流れ出して行く深刻な事態なのですか?

もはや、全国どこも同じなのではないでしょうか。息子の学校は中心市街地にありますが、1学年1クラスしかない。ドーナツ化現象ですね。

──これまで、奈良の地元の人、なかでも若い人たちと一緒に映画祭を作ってこられたと思うのですが、その監督の想いがカタチとなって現れていますか?

そうですね。ボランティアの数は200人を超えていて、近郊の大学生たちを中心に、国際的な交流もどんどん増えてきました。国際コミュニケーション関連の学科が増えて、そこの子たちがインターンで関わりだしたり、地元の小学校でワークショップを行ったり。そういう感じで次第に映画祭に関わる人の輪は広がってますね。今年、奈良市の助成金カットがあってから、「この映画祭を絶やしちゃダメだ!」と思い支援してくださる方がさらに増えてきました。

──奈良市からの補助金がカットされたことに対し、映画祭に関わるスタッフの強い思いが、ピンチをチャンスにしたと?

そう、まさにそうですね。

──今回、これまでにない規模、日数で行われるわけですが、そうなると、これまで以上にスタッフや予算の部分で、大きな負担も出てきます。このピンチをチャンスにした大きな転換点はどこにあったんですか?

ちゃんとした結果を残して、それを成果としてご報告差し上げるチャンスをいただいたと思っています。今回、国からは文化庁の「芸術文化振興基金」と「国際交流基金アジアセンター」、経済産業省の「J-LOP(ジェイロップ)」から助成金をいただくことができました。結果的に国の支援を手厚くいただけたので、良かったと思っています。

──奈良という土地、そこに住む人々。そこに監督自身がすごくポテンシャルを感じているのが分かります。それを映画祭というフィルターを通して、いろんな可能性に触れて欲しいというわけですが、この『なら国際映画祭』ならではの試みはなんでしょうか?

今回は、日本の新人監督の発掘ですね。俳優の別所哲也さんが代表をつとめる、国際短篇映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』と春ぐらいから仕掛けているんです。ちょっと遡りますが、『釜山国際映画祭』の中心人物に、「最近、日本の映画どう思いますか?」って訊いたときがあったんですね。そしたら、「いい作品を見つけるのが困難」と言われて。映画は作っていたけれども、上映ができないという例が多々あります。

──上映できても、レイト枠だったり、長くて2週間ということも多いですね。

そうなんです。興行として回収できないんですよ。そうなると、クリエイターは映画を作るために、余計な労力を強いられる。それはクリエイターの欲求をもぎ取るんですね。それを釜山の映画人の言葉からすごく感じたんです。カンヌでも、最近セレクトされる日本映画はだいたいこの監督、と決まっていて、新しい才能が出てこれない。今年は深田晃司監督が出てくれたけど(「ある視点」部門審査員賞・『淵に立つ』)、深田監督のワールドセールスも製作会社も、私の映画『あん』(2015年)と同じなんですよね。その枠組みじゃないと国際的な評価を伴わない、っておかしくないですか?

「千年続く映画祭を目指して・・・」(河瀬直美)

──映画作家を育てる環境として、映画業界全体のシステムが対応できなくなっているという。

それでもなぜか、日本映画界の制作部や、フリーランスの人はすごく忙しくなっているから、映画自体は作られているんですよ。そこに希望があって、『なら国際映画祭』ではそういう人たちも、まずは話そう!と思いました。合宿形式の「Road to Cannes」と題したプロジェクトを準備していて。将来的には、日本国内に配給される映画の製作助成も目論んでいます。あと、今年から『カンヌ国際映画祭』のシネフォンダシオン部門とパートナーシップを結びました。『なら国際映画祭』の学生映画部門「NARA-wave」に出品が決まった作品には、英語字幕を付けます。諸外国の人たちに英語字幕で映画を観てもらえる、という。チャンスが広がります。もちろんカンヌへの紹介も積極的におこなってゆきます。

──まさに河瀬監督だからこそ実現できたプロジェクトでもありますね。

ありがとうございます。

──やはり、映画を作るということは、相当なリスクがありますか?

どの分野でもそうだと思いますが。映画文化が経済中心で語られるようになったのは、理由のひとつだと思います。映画って、何十人ものスタッフで創りあげるものですから最低でも何千万ってかかってきます。それを回収できないと、製作者は人生終わっちゃうくらいのリスクを抱えますから。自主製作ならなおさら。短篇映画で、とりあえず才能を見出されて、そこから飛躍して、となる傾向はあるでしょう。過去に、破産したプロデューサーを見てきているから、みんな怖がってリスクを回避してゆく事を最優先に考えてしまいます。

──デジタルが発達した今、それこそiPhoneで撮影できますし、機材自体も安くなってるじゃないですか。ある意味、誰でも簡単に動画を撮れる時代になったわけですが、映画とはまた違うものですよね。

そうですね。簡単に撮れるってことは、作家の深さというのを表現できないこともあります。「誰にでも撮れるもの」であり「私にしか撮れないもの」ではなくなるからです。精神力を切磋琢磨していかなきゃいけないのですが、近年は若い世代がひ弱になっていますね。ちょっとキツイ事を言われると逃げてしまって、無理でも向かっていくという資質の人はホント少なくなってしまいましたね。

──ジャンルは違うんですが、私らの仕事であるライターや記者などにもその傾向はあります。初期衝動のままブログやSNSに書けちゃって、なおかつ、一応は世の人に見てもらえるから、監督が言われたような深さまで辿り着かずに、なんか満足しちゃうという。

そうですよね。這いつくばってでも自分がやりたいものをカタチにしていくことって、今はとても少ない。しかしだからこそすごく目立つと思うんですけどね。実は「Road to Cannes」への参加者には自腹で奈良まで来てもらいます。それでももう50人も申し込みがきています。

──応募資格などはあるんですか?

もちろん、これまでの経歴は書いてもらいますし、インターナショナルに適用してもらわないといけないので、英語力は必須とまで書いているんです。それでも50人ですから。それも、いろんな映画祭の短篇部門で、賞を獲ってる子ばかりなんですよ。なのに、長編が撮れない。そんな若いクリエイターがこんなにいるんだって驚きました。

──ぜひ、この映画祭からひとりでも多くのクリエイターを発掘してください。それにしても、今年はオープニングセレモニーのゲストも豪華ですね。別所哲也さんをはじめ、斎藤工さん、三上博史さん、藤竜也さん、高橋克典さん、レスリー・キーさんという顔ぶれです。

今年はレッドカーペット会員が2年前の7倍になりました。開幕までに10倍くらいになる可能性があって。華やかさもあるんですけど、混乱もしそうなので(苦笑)。この1カ月でしっかりと整えていきます。

──あと1カ月に迫った『なら国際映画祭』。かなり多彩なコンテンツに目移りするほどですが、最後にひとこと、この映画祭の魅力を教えてください。

千年続いた町で開催する千年続く映画祭にあなたも参加して歴史に名を刻んでください!お待ちしています

最終更新:9月1日(木)7時0分

Lmaga.jp