ここから本文です

93%が満足!好評価の理由とは?『グランド・イリュージョン』劇中必見のイリュージョン3選を発表

Billboard Japan 9/1(木) 22:05配信

 本日9/1公開の映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』。Billboard JAPANで開催した独占試写のアンケートから見えてきた“オススメイリュージョン3選”を発表する。

 劇中で最も印象が強いのは、やはりイリュージョン。実際に可能なトリックを使用して描かれる脅威のイリュージョンの数々にダマされる事が作品の面白みのひとつと言えるだろう。こちらでは、鑑賞者アンケートから明らかになった度肝を抜くイリュージョンをランキングで紹介する。予告編でも印象的なイリュージョンと同率で、トランプを駆使したトリックもランクイン。また、ラストシーンまで一気に駆け抜けるラストのイリュージョンにも注目が集まる結果となった。コメントと併せてご覧頂きたい。

【第一位】  雨を止めるイリュージョン
・アット驚く展開に驚きいた。音楽との相性も完璧でカッコいい(20代 男性)
・予告で何度も見たのにそれでもテンションがあがった。BGMも最高です" (20代 女性)
・タネがわかっていても実際に観るとカッコいい (30代 男性)
・トリックはシンプルなのに、視覚的にとてつもないインパクトがあった。 (30代 女性)

【同率一位】 トランプを使って、ある“モノ”を盗み出すシーン
・チームワークにワクワクする。うまく行きそうなところでは思わずガッツポーズしそうになった。(40代 女性)
・次々に披露されるトリックや計算されつくされた映像が面白い(20代 女性)
・実際に犯罪に使えるんじゃないかというリアルな感じが良かった(30代 女性)

【第三位】  ラストシーン手前の超大型イリュージョン
・ここまでやるか!という衝撃がスゴイ。 (20代 男性)
・ラストまでの流れが完璧。(10代 女性)
・見事にダマサれました。スリル満点のオススメシーン。(30代 女性)

 本作の高い満足度を裏付けるのは、上記のド派手なイリュージョンのみでは無い。すべての伏線が一挙に回収され、登場人物たちの因縁や思惑がすべて明らかになるラストシーンこそが、作品の爽快感を創り出している。アンケートの結果でも、最後に明かされるどんでん返しに驚かされたという声が多くあがっている。下記、作品に満足した鑑賞者のコメントの一部を抜粋する。

・ダマシにダマされ、最後だと思った仕掛けからさらにもう一回ダマサれた!(20代 男性)
・最終的にすべての謎が明らかになり、爽快感が味わえた。登場人物に共感できる。(10代 女性)
・物語全体がイリュージョンになっているところが良かった。最後の最後までしっかりダマされる。(30代・女性)
・最後のどんでん返しに、やられた!と思ってしまう、爽快さが魅力の映画 (20代 女性)
・作品の流れに身を任せて見て欲しい。ダマされまくって、ダマされること自体が快感、爽快!(20代 女性)

 今回の試写会には、男女問わず10代から50代までの幅広い年齢層の鑑賞者が訪れた。多くの社会人が訪れたが、作品への満足度は非常に高く、練りこまれた伏線とそれらをすべて回収するラストシーンには、大人の鑑賞者の心もしっかりと掴んだようだ。

 劇中では、大企業や権力者によって不正に巻き上げられた金・情報等の“財産”を華麗なイリュージョンショーで奪い、民衆に還元する正義の犯罪者集団、フォー・ホースメンと、彼らの“盗みの技術”を利用しようと企む悪の天才科学者、ウォルター(ダニエル・ラドクリフ)によるイリュージョンvs科学の総力戦が繰り広げられる。度肝を抜くイリュージョンはもちろん、登場人物同士の因縁や不可思議な言動、謎の名前といった小さな要素全てが、驚愕のラストに向かって収束していく。全ての謎が繋がる、予想を超えた大どんでん返しを是非、映画感で体験して欲しい。あなたも必ず、爽快にダマされるはずだ。

◎公開情報『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』
9月1日(木)公開
配給:KADOKAWA 
(c)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

最終更新:9/1(木) 22:05

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]