ここから本文です

2017年F1マシンの第一印象:「もはや別カテゴリー。これぞ真のF1」

オートスポーツweb 9/1(木) 15:22配信

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、2017年型マシンの第一印象として、今年とは別カテゴリーのようなルックスで、F1として理想的なスタイルであると語った。

2016年第13戦ベルギーGP カルロス・サインツJr.(トロロッソ)のタイヤがバースト

 来季F1ではテクニカルレギュレーションが大幅に変更され、ワイドなウイングとタイヤが導入され、サーキットによってラップあたり今より3秒から6秒速くなることが見込まれている。

 来季に向けた初期テストでトロロッソの新型シャシーのデザインを見たというサインツは、今年と比べると完全に別物であり、ポジティブな変化を感じたという。

「風洞で(2017年のトロロッソのシャシーデザインを)見た」とサインツ。

「今年とは別カテゴリーのようなルックスだ。あれこそまさにF1が必要としているものだ」
「(今は)完全なF1ではなく、ハイブリッドだ」
「来年のマシンは、まさに本物のF1カーに見える」

 ピレリのモータースポーツディレクター、ポール・ヘンベリーは、見た目だけでなくパフォーマンス的にも、今とは別カテゴリーのようになると予想している。

「これだけパフォーマンスが向上すると、他のカテゴリーといっていいほどだと思う」とヘンベリー。

「GP2からF1にジャンプアップするような感じになるだろう。今の状態と比べると『F1プラス』といってもいいぐらいになるのではないだろうか」


 レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは、今より圧倒的に速いマシンになることで予選はかなり楽しくなりそうだと語った。

「速いマシンになるというのはいいことだよね。レースではそこまでではないかもしれないけど、予選では、たとえばバルセロナのターン3を全開で攻めたり、ターン9で全開に近づけたりするかもしれない。それはすごくいいことだ」とリカルド。

「予選ラップで今までよりもプッシュできる。それだけでずっと楽しくなる」

「決勝になると、結局今年とさほど変わらなくても、別にがっかりすることはない。特に問題はないよ」

「来年もタイヤを管理して走るという点では変わらないだろう。それには慣れているし、タイヤを管理することに楽しみもある。それによって2回ストップになったり3回ストップになったりするからね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/1(木) 15:25

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。