ここから本文です

『UFO戦士ダイアポロン』40周年記念プロジェクト始動

クランクイン! 9/1(木) 20:45配信

 1976年に発表され、2016年に放送40周年を迎えたアニメ『UFO戦士ダイアポロン』が、配信やフィギュアなどをはじめとする国内外の様々な分野で、再始動することが決定した。

【関連】「Anime Japan2016」コスプレ フォト特集


  『UFO戦士ダイアポロン』は、1976年4月6日~1976年9月28日まで放送された往年の名作アニメ。劇中では、孤児院あおぞら園にて成長し、ラビと名乗る男の声によって、自分の出生の秘密、そして宇宙のエネルギーを作動させることが可能なキーエナルジーを持ちうることを知った16歳の少年・タケシが繰り広げる冒険が描かれた。

 今後の展開としては、アート・ストーム、エヴォリューション・トイ、ブルマァクなどでの商品化、および映像配信、海外配信・海外商品化、映像のパッケージ化など、様々な企画が進行しているとのこと。ダイアポロン40周年プロジェクトの最新情報は、アニメの制作を担当していたエイケンのブログで更新される予定だ。

最終更新:9/1(木) 20:45

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]