ここから本文です

ロッテ・チェンがチームの先発左腕、今季初勝利!「リードをもらい安心して投げる事ができた」

ベースボールキング 9月1日(木)21時30分配信

○ ロッテ 6 - 4 オリックス ●
<22回戦・QVCマリン>

 ロッテは今季、ここまで先発左腕に勝利がなかったが、チェン・グァンユウが白星を手にした。

 伊東勤監督は「チェンが良く投げたでしょう」と話すほど安定した投球だった。初回をわずか5球で片づけるなど、テンポの良い投球でオリックス打線を封じていく。打線も今季初勝利を目指すチェンに3回まで6点をプレゼント。

 大量の援護点を貰ったチェンは4回に一死後、吉田正尚に1球もストライクが入らず四球を与えると、続くT-岡田に一塁・井口資仁の頭上を越えるヒットを打たれ一、三塁。ここを踏ん張りたいところだったが、伊藤光にレフト前に運ばれ1点を返された。なお一、二塁とピンチは続き川端崇義にライト前ヒットを許したが、相手の走塁ミスに助けられ二死とすると、最後は大城滉二をインコースのストレートで見逃し三振に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 続く5回を三者凡退に抑えると、6回は先頭の安達了一に四球を与えたが、左の吉田、T-岡田を打ち取る。前の打席タイムリーを浴びた伊藤を打席に迎えたところで、伊東勤監督は投手の交代を告げた。4番手の藤岡貴裕が3点を失うも、3カ月ぶりの先発となったチェンが、嬉しい今季初勝利。チェンはこの日の投球に「6点のリードをもらい安心して投げる事ができた。緩急をつけて投げる事ができた」と振り返った。

BASEBALL KING

最終更新:9月1日(木)21時32分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。