ここから本文です

SUPER BEAVER、最新作はライブDVD&渋谷書き下ろしのバンドヒストリー小説

RO69(アールオーロック) 9月1日(木)21時0分配信

SUPER BEAVERが2016年10月12日(水)にライブDVDと書籍のセット作品『SUPER BEAVER 10th Anniversary Special Set「未来の続けかた」』をリリースすることを発表した。

同作には、今年4月にZepp DiverCtyにて開催された公演「SUPER BEAVER 10周年〆『都会のラクダSP~スーパーフィーバー~』」で演奏された全曲と当日の舞台裏の模様を収めたDVD、渋谷龍太(Vo.)がバンドの結成から現在までを208ページにわたり初めて書き下ろした小説『都会のラクダ』が収められる。

リリース情報は以下のとおり。

●リリース情報
『SUPER BEAVER 10th Anniversary Special Set「未来の続けかた」』
発売日:2016年10月12日(水)
品番:NOID-0014
価格:¥3,980(税別)
仕様:DVD1枚+BOOK1冊

<DVD>
2016.04.10 @Zepp DiverCity
SUPER BEAVER 10周年〆「都会のラクダSP~スーパーフィーバー~」LIVE DVD
収録時間:ライブ映像約2時間(特典映像:オフショット30分程度)
DVD収録曲リスト:
1,→
2,361°
3,鼓動
4,言えって
5,ことば
6,歓びの明日に
7,あなた
8,シアワセ
9,深呼吸
10,らしさ
11,日常サイクル
12,your song
13,人として
14,青い春
15,ルール
16,うるさい
17,証明
18,東京流星群
19,ありがとう
20,愛する
En1,秘密
En2,ILP
(全22曲収録)

小説:
『都会のラクダ』 渋谷龍太 著 (208ページ)

RO69(アールオーロック)

最終更新:9月1日(木)21時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。