ここから本文です

石川の美、感じる空間 金沢茶屋本館、きょう改装開店

北國新聞社 9月1日(木)3時1分配信

 加賀屋グループ(七尾市)は1日、金沢市本町2丁目の料理旅館「金沢茶屋」の本館をリニューアルオープンする。ロビーを拡大し、九谷焼や輪島塗、加賀友禅など石川の伝統工芸を取り入れた「美術館」の雰囲気とし、異なる趣向の五つの庭を配置した。

 ロビーは改装前と比べて2倍の広さの約60平方メートルで、フロントの配置を変更した。朱塗りの輪島塗の円卓、加賀友禅の額装などを取り入れた。庭は、武家や犀川、浅野川、加賀の伝統的な色彩を表現し、1階の「割烹つづみ」は、カウンター以外を個室化し、1日のランチから営業する。

 和傘を題材にしたブランドマークも作成した。

 隣接地に建設中の新館は来年3月14日の開業を目指す。1階にすし店、2~4階に洋間の会食個室、5階に和の会食個室を設ける。6階は1室のみの特別宿泊室とする。

北國新聞社

最終更新:9月1日(木)3時1分

北國新聞社