ここから本文です

地産地消のレストラン Uターン西さん、能美で今月開店

北國新聞社 9月1日(木)3時6分配信

 能美市出身で、イタリアで料理の修業をした西由泰さん(37)が今月中旬、生まれ育った里山で農家レストランをオープンさせる。ふるさとへの熱い思いを胸に、メニューには国造(こくぞう)ユズやハトムギなど地元特産の農産物を積極的に採り入れる考えだ。店ではヤギも育て、搾ったミルクでチーズケーキを作るのが目標で、地域の盛り上げに一役買いたいと張り切っている。

 西さんは金沢市のイタリア料理店を経て、約10年前に北イタリアのピエモンテ州に渡り、本場で料理の腕を磨いた。地元の野菜や果実に誇りを持つ料理人の姿が印象深く、ふるさとで地産地消のレストランを開店させる決意を固めた。

 能美市徳山町に初めてオーナーとして出す店は農家レストラン「Sorriso」(ソリッソ)と名付けた。イタリア語で「笑顔」を意味する言葉で、約60平方メートルのこぢんまりした店に地域住民が集い、笑顔が絶えない場所となるよう願いを込めた。

 パスタや本格的なディナー料理を提供するほか、手作りチーズケーキの販売スペースも設け、持ち帰りに対応する。カウンターとテーブルの20席で、名物となりそうな「看板ヤギ」は2頭を飼育する。10、11日には内覧会を開く。

 これまでJA小松の「トマトカレー」の開発に協力するなど、地域の特産物の発信に携わってきた西さんは「イタリアで学んだ地元愛とスローフードの魅力を伝え、地域住民同士が交流できる場もつくりたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:9月1日(木)3時6分

北國新聞社