ここから本文です

岡崎にライバル出現 レスター、昨季27発のFWスリマニをクラブレコードで獲得

SOCCER KING 9月1日(木)8時5分配信

 日本代表FW岡崎慎司のレスターは8月31日、スポルティングに所属するアルジェリア代表FWイスラム・スリマニを5年契約で獲得したと発表した。

 レスターは移籍金額を「非公表」と伝えているが、スポルティングは移籍金が3000万ユーロ(約34億6000万円)、ボーナスが500万ユーロ(約5億7000万円)と発表。イギリス紙『ガーディアン』など複数メディアは、レスター史上最高額での取引だと伝えている。

 加入にあたり、スリマニは「レスターのようなクラブへの加入は本当に名誉なことだ。ここでのプレーが待ち切れないよ。私はプレミアリーグで自分のサッカーをしてみたかった。現在のチャンピオンでプレーできるなんて、断れるような話じゃなかったんだ」と、喜びのコメントを寄せている。

 スリマニは1988年生まれの28歳。昨シーズンはプリメイラ・リーガで33試合に出場し、得点ランキング2位の27ゴールを記録した長身ストライカーだ。2012年からアルジェリア代表でプレーし、2014年のブラジル・ワールドカップにも出場。同国代表でともにプレーするMFリヤド・マフレズとチームメイトになることになった。

 今夏の移籍市場でナイジェリア代表FWアーメド・ムサを獲得したレスターに、驚異的なペースで得点を量産していたスリマニも加わった。前線のポジション争いがさらに激しくなることは間違いないだろう。岡崎にとっては強力なライバルが出現することとなった。

SOCCER KING

最終更新:9月1日(木)8時5分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。